生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. お年玉の金額の相場と渡し方の基礎知識

お年玉の金額の相場と渡し方の基礎知識

お年玉のマナーは意外と大事!

お年玉といえば、子供の頃はとてもワクワクするものでしたが、いざ自分が渡すころになると、お金が絡む以上、かなり気を使わざるを得ないイベントです。

そこで、お年玉のマナーや基礎知識を紹介します。

あげる相手は?

基本的に、お年玉は「上のものが下のものに渡す」ことになります。対象としては、自分の子供、親戚、ごく親しい間柄の子供となります。

たとえば上司など目上の人の家にいって、そこに子供がいた場合に、お年玉をあげるのはマナー違反です。あげるとしたら、「お年賀」として、品物や商品券にしておくのがよいでしょう。

相場は?

お年玉の相場は意外と難しいものです。

一番オススメなのは、基準を決めてしまい、それにのっとることが楽です。

一般的な家庭に多い基準が

  • 「年齢÷2×1000円」

なので、それにあわせるのがもっとも無難でしょう。

子供は平等さにかなり敏感なので、一定の基準によって渡しているよ、ということが納得感につながります。また、高額すぎてかえって迷惑をかけてしまうことも、少なすぎてがっかりされることもないちょうどいい基準を探すのが大切です。

あげる前の準備

ポチ袋にあげる子の名前を書く

いわゆる「ポチ袋」には、あげる子の名前を書いておきましょう。渡すミスなども防げます。

また、自分の名前とともに、一言添えておきましょう。やはりメッセージがらうとうれしいものです。

新札を用意しておく

いわゆる新札を用意しておきましょう。新年早々しわくちゃのお札だとちょっといやですよね。

あげるシーンは?

お年玉をあげるシーンも非常に大事です。いくつかポイントを書いておきます。

必ず親がいるときに渡す

子供の時だけに渡すのはマナー違反とされます。親が、きちんとお礼が言える状況で渡す、というのがポイントです。

子供の時だけにあげると、子供が親に隠す可能性があります。すると、親はお礼を言うことが出来ず、そのことがバレたときに、親がバツの悪い思いをしてしまうことになります。

お礼を言わせる

自分の子供だとしたら、必ずお礼を言わせましょう。他の人からもらうときにも必ずお礼を言う習慣をつけるように、お礼を言わないと渡さないようにするのがポイントです。

その場でポチ袋をあけさせない

子供からしてみたら、すぐにでもあけて中身をチェックしたい、と思うでしょうが、目の前であけるのはマナー違反なので、子供にもさせないようにしましょう。

自分の部屋に帰ってからあけるように言い聞かせてからあげるのがオススメです。

おわりに

お年玉は子供にあげるものとは言え、お金の受け渡しがある大切なイベント。きちんとしたマナーを守って、全員が気持ちよく過ごしたいものですね!

関連記事

(photo by PresenPic)

本記事は、2014年02月03日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る