生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. LINEを使って好きな人にアプローチするコツ

LINEを使って好きな人にアプローチするコツ

2013年07月08日更新

スマホが普及して、LINEやFacebook、Twitterなどのコミュニケーションツールが盛んに使われるようになりました。

「このツールを使って好きな人にアプローチできないかな?」と考えたことは、ありませんか?

著者は、そう考えていました。ここでは、その著者の経験から、コミュニケーションツールを使って好きな人にアプローチするコツをご紹介します。

当時の相手との関係性

当時、著者は専門学校に入学を控えていました。そのとき出会った同い年の彼に、アプローチしました。

同じ学校に入学する人10名程度でLINEのグループを作っていたのですが、その中に著者と相手の彼も所属していて、みんなで会話を楽しんでいました。

著者も相手の彼も、LINEを頻繁に利用していました。

使用したツール

著者が使用したのはLINEです。

LINEは、無料通話や無料メールができるアプリとして有名ですが、文字だけでなくスタンプや画像も簡単に送ることができるので、その点でとても重宝しました。

メールだと、読んだだけで返事が遅れてしまうこともありがちです。LINEは既読機能があるので、読んだときは早めに返すことができます。これで、相手とのコミュニケーションがスムーズにできると思います。

アプローチのコツ

1:スタンプを使用する

LINEには様々なスタンプがあります。かわいいものだけでなく、おもしろいものもあります。

著者は相手の送ってきた文に、あえてスタンプだけで返事をしました。さりげなくハートがついているスタンプを使うことで、アピールをしていたつもりです。

相手もスタンプで返してくれました。殴るポーズのスタンプがきたら、泣いているスタンプを送り返すなどして、たのしく簡単にコミュニケーションがとれます。

2:深夜のLINEは返さない

話が弾んで、夜遅くまでLINEをすることもあると思います。そんなとき、「おやすみ」と言ってしまっては、次の日に会話を持ち越すことが出来ません。

そこで、相手から来たメッセージを既読にせず、次の日にメッセージを送り返します。「昨日は寝ちゃった、ごめんね」と言って連絡を再開すれば、長く相手とつながることが出来ます。

3:かわいい顔文字を使う

今は、アプリでかわいい顔文字をコピペして使うのが主流になっています。文字だけでは伝わりずらいこともあると思います。

しかし、かわいい顔文字を使うことで、味気ない文字を楽しいものに変えることができます。また、「明るい人」というイメージをもたれることも多く、それは相手に好意を持ってもらいやすいです。

スタンプより個人の個性がでるのが顔文字なので、他のひととはちがう顔文字を探して使うことで相手の印象に残りやすいです。

アプローチをした結果

上記のようなことをしていた結果、相手と二人きりで会える関係になり、出会ってから1週間で、相手と付き合うことになりました。

付き合ってから聞いた話ですが、「テンション高めの顔文字がかわいかった」とのことです。

アドバイスと注意点

LINEは、気軽に文字を送ることができる便利なものです。しかし、便利だからといって朝から晩までずっとメッセージを送りあっていては、相手も自分も疲れてしまうでしょう。ほどよく、楽しく使用することを心掛けるといいと思います。

また、既読になっているからといって、相手からの返事がきてないのに何回もこちらからメッセージを送るのはやめましょう。もしかしたら、気味が悪いと思われるかもしれません。

文字の量や時間にも気を配れるといいと思います。

おわりに

参考になったでしょうか。今は便利なツールが増え、簡単に恋愛をスタートさせることが出来るようになったと思います。

これらを上手に使用して、素敵な恋愛を始めましょう。

(image by PresenPic)

本記事は、2013年07月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

恋愛 記事ランキング

10月21日(火)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る