生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 初めて球場で野球観戦するときに注意したいこと

初めて球場で野球観戦するときに注意したいこと

2014年10月29日更新

野球はルールが多少分からなくても楽しめるスポーツです。それに、何といっても、グループで応援して盛り上がれるのが野球の醍醐味です。

来シーズンは、プロ野球観戦に球場を訪れてみませんか。

そこで、当記事では、初めて球場で野球観戦するときに注意したいことについて解説します。

初心者も女性も野球観戦が楽しくなる!プロ野球の楽しみ方はこちら。
プロ野球観戦の楽しみ方

座席は1塁側?3塁側?

プロ野球観戦に行くには、チケットが必要です。

チケットには、「1塁側席」「3塁側席」とがあります。どちらも料金は同じですが、違いは何なのでしょうか。

実は、「1塁側席」というのは、ホームチームの応援席。「3塁側席」というのは、ビジターチームの応援席なのです。

例えば、甲子園で阪神タイガースの応援をしたり、東京ドームで読売ジャイアンツの応援をしたりするなら、1塁側席ということになります。

ただし、楽天イーグルス、日本ハムファイターズ、西武ライオンズは、3塁側がホームチームの応援席になりますのでご注意ください。

仮に、特にひいきのチームはないけれど、野球観戦の雰囲気を楽しみたいというのであれば、やはり1塁側がお勧めです。

なぜならば、ホームチームの応援席である1塁側のほうが、応援が盛り上がり活気があるからです。

一方、3塁側席は、空いていることが多いので、ゆったり落ち着いて野球観戦したいという方には、3塁側席がお勧めかもしれません。

持込禁止物

球場によってルールが異なるので、持込禁止物については必ず事前に各球場のホームページで注意事項を確認してください。

一般的に、缶・ペットボトルの持込は禁止です。それらをグラウンド内に投げ込むなどの危険な行為を防止するためです。

球場に入る前に持ち物のチェックがあり、缶・ペットボトルはその場で処分することを求められます。注意しましょう。

小銭を多めに持っていく

球場で野球観戦しながらのビールとおつまみは格別の味です。

飲食物は、球場内の売店で買ってもいいですが、試合が始まったらあまり座席を離れたくないもの。その場合、観客席を巡る売り子さんから買うことになります。

もちろん、お釣りは出してくれますが、スムーズに買い物をするために小銭は多めに持って行きましょう。少なくとも、財布に万札しかない状態で球場に行くのは避けるべきです。

おわりに

いかがでしょう。初めて球場で野球観戦するときに注意したいことについてご理解いただけたでしょうか。

当記事を参考に、楽しく野球観戦していただけると幸いです。

本記事は、2014年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る