生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4. おうちで出来る!ちょっと本格的な甘皮処理

おうちで出来る!ちょっと本格的な甘皮処理

2014年09月15日更新

 views

お気に入り

甘皮処理してますか?

皆さん、甘皮処理はしていますか?甘皮とは爪の根本にある薄い皮のことです。この甘皮をそのままにしておくと見た目もあまり綺麗ではないですし、ネイルアートの邪魔になったり、爪がきれいに伸びることを妨げる場合もあります。

ネイルサロンでネイルアートをしてもらうと必ず甘皮も処理してくれますよね。自分でマニキュアを塗ったり、ジェルネイルをする時にも甘皮をきれいにしてからやると出来上がりに差が出たりもします。

でも、いざ処理しようと思っても「面倒くさそう」「どうやればいいのか分からない」などの理由からなかなか実践できない方も多いのではないでしょうか。

今回はおうちにあるものと100均(100円ショップ)で買えるものでできる甘皮処理のやり方についてご紹介します。

用意するもの

  • 液体ソープ(ボディソープ、ハンドソープで代用可)
  • コットン
  • ボウル(100円ショップにあります。指先が浸れば食器でもOK)
  • ハンドクリーム(お好きなもの)
  • オレンジウッドスティック(これも100円ショップにあります)
  • お湯

甘皮処理方法

STEP1:ハンドクリームを甘皮周りに塗布する

処理したい指すべての甘皮部分に、米粒大のハンドクリームを塗ります。

片手ずつ処理していくことをおすすめします。

STEP2:ボールにお湯と液体ソープを入れる

お風呂くらいの温度のお湯をボウルに入れ、液体ソープを入れます。
ひとたらしでOKです。

STEP3:よく混ぜる

ウッドスティックを使ってよく混ぜます。

STEP4:指先を浸ける

3~5分ほど、ハンドクリームを塗った指を浸します。

STEP5:コットンを裂く

オレンジウッドスティックにコットンを巻きつけたバトネというものを作ります。コットンは内側のふわふわした部分を使いますので、まずコットンを裂きます。

STEP6:コットンを巻きつける

あらかじめ濡らしておいたオレンジウッドスティックに、コットンを巻きつけます。先ほどお湯をウッドスティックで混ぜたのは、コットンを巻きつけやすくする為です。わたあめを作る要領で巻きつけていきましょう。

あまりコットンが多いと次の作業がやりづらくなってしまいます。

STEP7:コットンを締める

手のひらの上で押し付けるようにきゅっと回転させ、コットンを締めます。

STEP8:バトネをお湯につける

コットンに水分を含ませます。

STEP9:甘皮周りを優しく押し上げる

力を入れすぎないように、くるくると回転させて押し上げていきます。
一度で押し上げず、少しづつ…これを10本の指に施していきます。

使い終わったコットンは…

先ほどの残りのコットンで挟んで…

きゅっと引っ張るとカンタンに取れます。

おわりに

甘皮処理がきちんとされると、一気に指先が美しく見えます。お手入れの後は、爪やその周辺の油分が不足がちになりますので、ハンドクリームや、キューティクルオイルを使い、マッサージをしながら保湿すると良いでしょう。

爪に縦筋が入ったり表面がでこぼこすることを防ぐ効果も期待できます。ジェルネイルやネイルアートの前には甘皮を処理するようにしましょう。

やりすぎると爪の健康を害してしまいます。週1~2回程度が適当でしょう。

関連記事

本記事は、2014年09月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る