生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 結婚式の二次会を大成功させるための、新郎新婦心得

結婚式の二次会を大成功させるための、新郎新婦心得

2013年10月29日更新

はじめに

「披露宴は、新婦のためのもの」とよく言われます。

では、二次会は誰のもの?

恐らくは、「新郎新婦と普段から親しくしているゲストのためのもの」これが模範解答となるでしょう。

しかし、そのゲストのための二次会も「催し物」。「催し物」は誰かの強い意思によって成り立つものです。新郎新婦は意思を持って、そのゲストをどうもてなしたいか、その催しをどう仕上げたいか、ビジョンを持つべきです。

当エントリーでは、つい先日新郎として二次会を開催した筆者の経験をもとに二次会準備でおさえるポイントをご紹介したいと思います。

今回は来場者数100名以上規模の二次会を想定としたエントリーです。

組閣しよう!

1つ目は、幹事の決め方です。

幹事を選ぶときには、組閣をイメージしましょう。 あなたは総理大臣で、幹事は大臣。大臣にはそれぞれ役割があります。そう、幹事にもそれぞれ役割があるわけです。

それを任命時にイメージできているかいないか。これは二次会の成功に大きく関わる大事なポイントです。

幹事側としてみても、君にはこれを任せたいんだ!と、告げられるた方が、求められていることが明確になるのでスッキリします。

では、どんな役割があるか以下に挙げてみますので、参考にしてみてください。

リーダー1名

あなたは基本的に、リーダーとやりとりをします。リーダーは主に進行管理と、当日の仕切りを行います。あなたと最も信頼関係が深い人物にお願いすると良いでしょう。

司会1〜2名

司会は新郎側と新婦側から1人づつ出すのが理想ですが新郎側では、幹事として最初から参加してもらうことをおすすめします。コンテンツが生まれていくところから把握をしていると、司会の立ち回りに深みがでます。臨機応変に対応もしやすくなります。

コンテンツ担当1〜2名

ここで言うコンテンツは、演出系と出し物系の2つに分類されます。演出系担当は、会場への入場や退場、基本的な流れを新郎新婦と相談し、会場側とやり取りをしたり準備の進行管理をします。

出し物系担当は、新郎の友人や新婦の友人の出し物の進行管理をします。出し物をしてくれる友人に会場の舞台の大きさを伝えたり、司会にどんな紹介をしてもらいたいか確認したりします。

出し物の数が多くない場合は、演出系とひとまとめで
1人の担当にしてもいいかもしれません。

アシスタント1名

当日の受付手配や、備品調達など細かい実務をこなす人です。幹事リーダーのアシスタントとなりますので、リーダーの後輩…などが理想の形でしょうか。フットワークの軽い人をおすすめします。

新婦づきアシスタント1名

新婦はほとんどの場合は、ウェディングドレスを着ていると思います。色々と動くが大変ですので、新婦が動きやすいようにヘルプしてくれるスタッフが1人いると、会の進行が大変スムーズです。二次会の会場スタッフにお願いできることもありますので、確認してみましょう。

受付・クローク係

人数が100人規模になる場合は、受付とクロークだけで5〜6名必要になります。軽視しがちな役割ですが、非常に重要です。ホスピタリティの高い人、人当たりの良い人などを選ぶとよいでしょう。

幹事顔合わせキックオフなどを開き、役割をイメージした上で「君にはこんなことを任せたい!」お願いしておくとよいでしょう。

新郎新婦ができることをチェックしよう

幹事の役割も決まったことだし、
「披露宴の準備で忙しいから任せてしまおう。」
「幹事が任せてくれといってるし、甘えてみよう。」

ちょっと待って下さい!

新郎新婦が積極的にチェックをすると、幹事の負担が軽減されたり、幹事の士気が上がったりするものもあるので、参考にしてみてください。

幹事が新郎新婦に確認をとりたいこと

  • 招待するゲスト(これが決まらないと何も進みません。重要)
  • ゲストの会費設定
  • 会のテーマ設定(どんなテイストの会にしたいか)
  • BGMへのこだわり
  • 入退場演出へのこだわり
  • サプライズコンテンツの有無
  • プチギフトの有無
  • 会場装飾の有無(有料)
  • ウェルカムドリンクの有無(有料)

大事なのは、新郎新婦の主体性

幹事と一致団結してクオリティの高い催しものを目指せば新郎新婦にとっても、ゲストにとっても思い出に残る素敵な会になるはずです。

一番大切なのは、新郎新婦が主体的に二次会準備にのぞむこと。披露宴の準備と平行で、大変だとは思いますが一生に一度の機会ですから、最高の会を目指しバッチリ準備をしましょう!

幹事サイドのエントリーはこちら『はじめての結婚式二次会幹事

関連ライフレシピ

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る