生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 妊娠中に気をつけたい飲み物

妊娠中に気をつけたい飲み物

2012年07月03日更新

はじめに

妊娠中は食事、運動、精神面などでいろいろ気をつけたい事がありますよね。
そこで今回は、妊娠中に気をつけたい飲み物を紹介します。今妊娠している人も、これから妊娠する女性の人にも参考にしてほしい記事です。

「妊娠中」に気をつけたい飲み物

アルコール

妊娠したら絶対にやめたほうがいいのは、アルコールです。妊娠初期に気付かずにお酒呑んでいた、という人もいます。妊娠に気がつかないうちに飲んでしまった分までくよくよ心配することはありません。

妊娠に気付いてからは、アルコールの摂取はやめましょう。どうしてもビールを飲みたい、と思ったら現在では、アルコールフリーのビールが売っていますよね。お酒を飲みたくなったら、それを飲むようにしましょう。

アルコールは胎盤を通りやすく、ダイレクトに赤ちゃんに行ってしまうのです。赤ちゃんのために10ヶ月間はアルコールをやめましょう。

コーヒー

コーヒーが好きな人も多くいるはずです。私自身も妊娠前はコーヒーを1日4,5杯飲むほどでした。しかしコーヒーにはカフェインが大量に含まれています。

カフェインは胎児に悪影響です。コーヒー以外にも紅茶にも多く含まれていますよね。

しかし、完全に辞めたほうがいいというわけではありません。我慢をしすぎると、かえってストレスが溜まったりして、妊婦には悪影響です。

また、カフェインは気分をリラックスさせる効果があるので、1日1~3杯のコーヒーは、妊婦のリラックスには良いといわれています。

そこで1日に1~3杯のコーヒーは飲んでもいいのです。しかし、それでも足りない、という人には、カフェインを少なくしたコーヒーや、たんぽぽの根から作られるノンカフェインのたんぽぽコーヒーに変えてみてください。

妊婦さんでたんぽぽコーヒーを飲んでいる人は結構います。赤ちゃん用品が売っているお店や、インターネットでも購入することができます。
【送料無料】ノンカフェイン たんぽぽコーヒー 30パック入り 10袋セット【タンポポコーヒー たんぽぽ珈琲 タンポポ珈琲 たんぽぽ タンポポ】低カロリー♪17%OFFセール【いっぷく茶屋】【あす楽対応【2sp_120622_b】

おわりに

妊娠中は食事、運動、精神面などでいろいろ気をつけなければいけないことが山積みですよね。今回は、妊娠中に気をつけたい飲み物を紹介しました。参考にしてみてください。

本記事は、2012年07月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

妊娠 記事ランキング

9月18日(木)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る