生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 「地震・雷・火事?」怖いものでわかる心理テストのやり方

「地震・雷・火事?」怖いものでわかる心理テストのやり方

2012年06月04日更新

地震、雷、火事など、できれば、災害には遭いたくないものですよね。今回は、そんな中でも、一番怖いものを選ぶことであなたの性格がわかる、心理テストをご紹介します。

地震、雷、火事のなかで、一番怖いと思うものを選択してください。以下に説明がありますので、決定したら読み進めてくださいね。

あくまで心理テストなので、必ず当たるわけではないですよ!

地震が一番怖い!

地震を恐れる人は、圧迫感のある狭い場所や、自由に活動できない閉じ込められた状態が嫌いで、広々とした空間や、何ものにも縛られず自分の意志であっちこっちに行くことを好むようです。

恋愛においては、比較的自分勝手で束縛を嫌うタイプ。何事にも興味を持ち、冒険心や探究心が強いところがあるため、付き合う相手を飽きさせません。行動力もあり、相手を引っ張っていくタイプ。

雷が一番怖い!

雷を恐れる人は、少し小心者のようです。静かな状態を好む、穏やかな性格であることが多いでしょう。自分自身の生活のリズムを乱されるような変化を嫌う、こだわりの強い傾向もあるかもしれません。

恋愛においては、お互いのリズムを尊重し、あまりベタベタしたり、四六時中一緒にいることは好まないかもしれません。何気ない幸せを感じる穏やかな恋愛を好みます。

火事が一番怖い!

火を恐れる人は、あまり火遊びの経験がないことから、子どもの頃からおとなしかったり、学級委員を任される優等生タイプ、また、あまり冒険をしなかった箱入り娘タイプかもしれません。

恋愛においては、破天荒なチャレンジは好まず、堅実に愛を育むタイプ。結婚願望の強い人も多いかもしれません。マニュアルにない恋愛(不倫や浮気)などには弱く、思いもよらぬ行動をとってしまうこともあるかも。

おわりに

いかがでしたでしょうか。災害に遭ったときの状況を想像し選択をすることで、性格が見えてきます。

地震は、物が倒壊して下敷きになることが想像できるので狭い場所が嫌→束縛を嫌う、雷は大きな音や鋭い光が怖いので小心者、火事は実体験としての火遊びを未経験=優等生タイプという考え方です。

みんなでワイワイ楽しんでやってみてください。

(Photo by Thunder / mhaller1979)

本記事は、2012年06月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る