生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. ゼロから始めるスノーボードの上達のコツ

ゼロから始めるスノーボードの上達のコツ

2013年10月17日更新

はじめに

今年は例年より寒さが厳しい冬ですが、ウインタースポーツを楽しむことで寒い冬も楽しく過ごすことができますね。ウインタースポーツの中でもスノーボードは滑れるようになるまでが大変です。

転ぶのがいやで、途中であきらめてしまった方も多いのではないでようか。そこで今回はスノーボードを始めて滑れるようになるまでのコツをまとめてみました。

ゼロから始めるスノーボードのコツ

視線に注意する

初めのうちはとにかく足元が気になってゲレンデばかり見てしまいます。スノーボードは両足がボードに固定されていてスキーほど自由が利かないので、そうこうしているうちに転んでしまうかもしれません。

ボードと身体が平行になるように乗り、目だけはしっかり自分の行きたい方向を見るようにしましょう。これだけでもずいぶん転倒が少なくなります。

足を軽く曲げる

怖さからとにかく足は突っ張ってしまいます。とくに前側の足は伸びきってしまうことが多いですが、この状態になると前側の足に体重が乗らないので、ボードをコントロールすることができなくなってしまいます。

意識的に両膝を曲げるようにしましょう。力が入り過ぎると変な転び方をして、ケガもしやすくなってしまうので要注意です。

手と腕をボードと平行に広げる

手や腕をボードと平行に肩の高さかちょっと下ぐらいまで広げましょう。そして、指の先の景色を見るような気持ちで滑ってみましょう。

手を広げることでバランスも取りやすくなりますし、手を添えることで行きたい方向へ視線を安定させやすくなります。

おわりに

一言でまとめると身体の力を抜き視線をしっかりコントロールすることが上達への近道です。ぜひ試してみてください。

寒い中滑った後は温泉に入るなどしてゆっくり身体を温め、使った筋肉をしっかりほぐすようにしましょう。スノーボードとセットにできるこのような楽しみを見つけることで、ウインタースポーツはもっと楽しくなりますよ。

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る