生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 就職活動の面接後のお礼メールの書き方

就職活動の面接後のお礼メールの書き方

2013年06月19日更新

就職活動(就活)の面接が終了したら、会社宛にお礼メールを送った方が良いという慣習があります。かつてはお礼状でしたが、今ではメールで送る人がほとんどです。

面接のお礼メールは不要、無意味という話も聞きますが、礼儀正しいメールを送っておけば損はありませんよね。

今回はお礼メールの参考となる例文や、メールを作る際に気をつけたいポイントについてご紹介します。

お礼メールのサンプル

お礼メールの例文はインターネットで検索するとたくさん出てきます。以下が参考になりそうなメールの例文が載っているWebページです。

当然のことですが、まる写しはやめましょう。

お礼メールで気をつけるべきこと

件名はシンプルに分かりやすく

社会人は、毎日、大量のメールを処理します。件名が意味不明だと、迷惑メールと判断されて、読まずにゴミ箱行きということになりかねません。

そこで、件名はシンプルに「採用面接のお礼」でいいでしょう。また、より分かりやすくするために、

採用面接のお礼 ※○○大学 甲山乙男※

というように、自分の大学名・氏名を書き添えるという人もいます。

前置きはいらない

ネット上に出てくる例文の中には普通の手紙と同じように「拝啓 貴社ますます御清栄のことと…」などのような挨拶を入れているものがあります。

しかし、メールでは形式よりも要件を簡潔に伝えることを重要視する場合も多いので、挨拶の前に自分が何者であるのか、どのような要件でメールしたのかを明かすようにしましょう。

自分の言葉で意欲を述べる

お礼メールの要素として、

  • 忙しい中、面接の機会を設けてくれたことに対するお礼
  • 面接を受けた上での自分の意欲

を盛り込みましょう。お礼の書き方は、ネット上の文例を真似してもいいですが、意欲の部分は自分の言葉で書きましょう。面接中の具体的なエピソードを一つ盛り込むと、印象に残るメールにすることができます。

ただし、意欲を伝えようとするあまり、あまり長々と書き過ぎないこと。相手は忙しい社会人です。2~3行で簡潔にまとめましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。就活で面接後に送るお礼メールの書き方をご紹介しました。

一次選考が面接などの場合はお礼メールを送っておけば、好印象を残せる可能性もありますよね。

ぜひ書き方や例文などを参考にしてみてください。

(image by PresenPic)

本記事は、2013年06月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る