生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. おうちで出来る3Dネイル ~基本編~

おうちで出来る3Dネイル ~基本編~

2014年02月09日更新

はじめに

最近、ドラッグストアなどでも沢山のかわいいネイルシールが売られるようになりました。しかし、ぷっくり立体感のある3Dアートのかわいさは、また格別です。

3Dアートは、一度覚えてしまえばどんなアートもできますので、ぜひマスターしてみてくださいね。今回は、最低限必要な基本の道具と注意点をご紹介します。

揃える道具

3Dアートをするのに最低限必要な道具です。

リキッド(モノマー)

リキッドと呼ばれる液体です。
スカルプチュア(アクリリックネイル)という人工爪を作る際に、用いられるものです。画像は大きなものですが、量も様々なものが販売されています。
メーカーも様々なものがあります。画像はイージーフロウという老舗メーカーのものです。

パウダー(ポリマー)

パウダーと呼ばれる粉末です。
これも、スカルプチュア(アクリリックネイル)という人工爪を作る際に、用いられるものです。画像は大きなものですが、量も様々なものが販売されています。
メーカーも様々なものがあります。画像はイージーフロウという老舗メーカーのものです。

アセトン

アセトンと呼ばれる液体です。
スカルプチュアや、ジェルネイルを外すときに使われます。3Dネイルでは、リキッドにアセトンを混ぜた液体を作ります。リキッド3に対して、アセトン1の割合です。

リキッドとアセトンの比率は、リキッド2、アセトン1や、リキッド1、アセトン1にされるネイリストさんもいます。慣れたら、自分の扱いやすい配合で作ってみましょう。はじめは、リキッドの比率が高い方が扱いやすいです。

ダッペンディッシュと筆

ガラスの容器をダッペンディッシュと呼びます。液体をこの容器に小分けに取ります。液体は汚れてしまうと綺麗な3Dが作れないので、汚れたら思い切って捨て、新しい液体を取るようにします。
筆は、3D用のものです。

筆は、普段は必ずキャップをして、穂先を保護します。キャップの素材は必ず金属のものを使用します。買った時についてくるプラスチックのものは、溶けてしまいます。

3D用の筆

画像の上の穂先の大きなものは、主にスカルプチュアで使用するものです。(大きな3Dを作りたい時は大きな筆でもOKです)画像下の穂先の小さなものが、主に3Dを作るためのものです。
筆は、コリンスキーという動物の毛で作られています。3Dネイルでは、アセトンを筆で触るので、スカルプチュアを作るための筆とは別に用意します。

3D用の専用の筆を用意しましょう。筆は、3Dの出来に大変影響します。なるべく質の良いものを選びましょう。
アセトンを一度触った筆は、毛の油分が抜け、パサパサになってしまいます。こうなると取り返しがつかないので、これが筆を別に用意する理由です。

いかがでしたか?

ネイルアートは、「形から入る」のが意外に大切です。プロでも、良い道具を使わないとかわいいアートはできませんので、道具はきちんとしたものを使用するようにしてくださいね。
次回からは具体的に3Dの作り方のご紹介をしたいと思います。

今回ご紹介した道具は、プロ向けとされており、においが強かったり、引火性のあるものです。換気を心がけたり、火の気のないところで扱うなど、取り扱いには十分ご注意ください。

関連ライフレシピ

本記事は、2014年02月09日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

美容・ビューティ 記事ランキング

7月27日(日)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る