生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 初心者さんのためのCOSTCO(コストコ)活用術

初心者さんのためのCOSTCO(コストコ)活用術

2013年10月17日更新

はじめに

最近は、海外のスーパーもいくつか日本にやってきていますよね。その中でも、COSTCO(コストコ)は、日本にも9店舗あり、よく耳にする、実際に利用しているという方も多いと思います。

今回は、「知ってはいるけどまだ利用したことがない」「全く知らない」というCOSTCO初心者さんに、基本と活用術をご紹介します。

COSTOCO(コストコ)ってどんなお店?

COSTCO Japan

1976年、カルフォルニア州サンディエゴにある飛行機の格納庫を改造して作られた「プライスクラブ」という名前の倉庫店が1号店で、現在は、アメリカに400店舗以上、その他日本を含め、7カ国に店舗があります。

取り扱い商品は、家庭用品から家電、アウトドア用品、オフィス用品、医薬品、食品など幅広く、倉庫型の販売形態が特徴です。低価格で大量の品物を買うことができます。

日本用に小分けのものもありますが、基本はアメリカサイズ!パン1袋を買うと、なかなか食べきれなそうなほど、お肉の固まりも恐ろしく大きいです!

日本の店舗はどこにある?

  • 久山倉庫店(福岡県糟屋郡)
  • 幕張倉庫店(千葉市)
  • 多摩境倉庫店(町田市)
  • 尼崎倉庫店(尼崎市)
  • 金沢シーサイド倉庫店(横浜市)
  • 川崎倉庫店(川崎市)
  • 札幌倉庫店(札幌市)
  • 入間倉庫店(入間市)
  • 新三郷倉庫店(三郷市)

の9店舗です。

購入するには会員登録が必要

COSTCOで買い物をするには、会員登録が必要です。

ゴールドスターメンバー (個人会員)

すべての個人が対象です。年会費4,200円には、家族カード1枚が含まれています。申し込み時には、身分証明書(運転免許証、保険証、パスポートなど)が必要です。

個人会員・法人会員、追加会員の方と同住所に住んでいる18歳以上の方1名に、無料で家族会員として家族カードの発行が可能です。

ビジネスメンバー (法人会員)

ビジネスメンバーはすべての事業所、自営業、非営利団体、官公庁等の事業主、または事業主に相当する方が対象です。年会費3,675円(税込)には、家族カード1枚が含まれています。

原則、代表者の方が倉庫店に来店し、法人会員登録時には、以下の事項が記載されている証明書を提示します。

  • 屋号
  • 代表者氏名
  • 会社所在地

以上が記載されているものであれば、名刺、公共料金の請求書、農家証明書、登記簿(複製可)など、屋号がない場合、営業許可書などをでも可能です。

ビジネスメンバーの会社・団体の従業員は、追加会員として6名に限り入会できます。

クレジットカード

ゴールドスターメンバーとビジネスメンバーの他に、コストコ会員の方を対象としたコストコ-オリコマスターカード、また、アメリカン・エキスプレスカードはコストコの全倉庫店でお申し込み可能です。

COSTCO活用術

年中無休

年中無休なので、思い立ったら買い物に行けます。業務用の仕入れの場合で、、もしもの時にも対応ができます。

メンバーカードは世界中どこでも使える

一度メンバー登録をすると、世界中のどこでも使えます。アメリカでは400店舗以上ありますし、カナダ、イギリス、韓国など、観光旅行で行く国にもあります。ハワイのホノルルの店舗なども行きやすいです。

発送可能

発送カウンターが設けてあるので、大量に買い物をしても自宅やお店に送ることが可能です。送料は別です。

卸売価格で買える

業者でなくても、卸売価格で購入できます。

海外製品が手に入る

日本のスーパーでも海外製品は比較的簡単に手に入るようになりましたが、文具や日用品、食品をはじめとして、海外製品を手にとることができます。

ビジネスで試せる

売れるかわからないけれど試してみたい、そんな場合でも、たくさんの在庫を持つ必要がないので、色々と試してみることができます。実店舗、ネットショップなど、仕入れに最適です。

みんなでシェアできる

食品などは、1つ買うとたくさん入っていたり、大きかったりするので、お友達などとシェアすることができます。

こんなにたくさん要らないけど、ちょっと買ってみたいという時などは、お友達を誘って一緒に購入してみるといいかもしれません。

おわりに

既に活用されている方も多いと思いますが、日本のスーパーマーケットとは、違った雰囲気、商品を見るだけでも楽しいです。あまり縁がないという方も、週末のショッピング、レジャーの1つとして、足を運んでみてください。

【画像】

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

生活・ライフスタイル 記事ランキング

9月2日(火)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る