生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 節分の日にする3つのこと

節分の日にする3つのこと

2013年10月17日更新

節分とは?

節分は鬼などの災いをもたらす厄神を追い払い、福を招くための行事です。だいたい立春の頃、2月3日か4日に行います。

一般的には「鬼は外」と言って外に豆をまき、「福は内」と言って家の部屋ごとに豆をまきます。そのあとで自分の年の数か、年齢から一つひいた数の豆を食べると災難を逃れて病気もしないと言われています。

何をするの?

豆まき

「鬼は外」と言って外に豆をまき、「福は内」と言って家の部屋ごとに豆をまきます。鬼のお面をかぶった鬼役に豆を投げつけたりします。

豆を食べる

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い豆を食べましょう。場所によっては大豆ではなく、落花生のところもあります。

恵方巻きを食べる

恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりします。この日は、大きい恵方巻きがたくさん売られます。自分達で手作りしてもいいですね!

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る