生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 手軽にモニタを増やす方法

手軽にモニタを増やす方法

2012年02月07日更新

はじめに

パソコンに接続するモニタは1つに限る必要はありません。デュアルモニタにすることで、作業範囲が広がり各段に作業効率が上がります。

でもモニタを買うのは高いし…と躊躇している方もいるかもしれません。そんなあなたに、よりお手軽にデュアルモニタの世界を体験する方法を教えます。

ポイント1: モニタはあるけどグラフィックボードがない…という場合

ノートパソコンの場合、ふつうは外部モニタ接続用のポートがあるのでデュアルモニタ(この場合本体のモニタ+外付けモニタ)にしやすいのですが、デスクトップパソコンの場合、そもそもモニタ端子が1つしかないということが多いです。

ノートPCに外付けモニタを付けてデュアルモニタにする方法は、例えばモバイルPCを家やオフィスで使うためのデュアルディスプレイ入門を参照して下さい。

余っているモニタはあるけど、デスクトップパソコンにポートがないからデュアルモニタにできない…という場合、USBポートに外部モニタをつなぐ方法があります。

例えばこのI/O DATA社のUSBグラフィック(USB-RGB2)のような製品を使う事で、簡単に増設可能です。2台以上のモニタをノートパソコンに接続したい場合にも有効です。

グラフィックボードを増設するのは多少技術が必要ですが、これならば手軽に増設できます。

ポイント2: モニタはないけどテレビならあると言う場合

余っているモニタもない場合、ご自宅のテレビに接続する方法があります。

最近は、VGA端子を備えたテレビも市販されており、そのようなテレビを使用するとそのままパソコンとテレビを接続できます。

また、VGA端子のないテレビであっても、VGA/HDMI変換器などを使用することで、接続可能です。

テレビに接続してデュアルモニタにする方法は,例えばリビングステーションにデュアルモニタを使いこなすコツを参照して下さい。

ポイント3: モニタもテレビもない、小さな画面でいいからデュアルモニタ環境を作りたいという場合

USBで直接接続できる、小型のモニタ(USBモニタ)が市販されています。

例えばCENTURY社のplus one(LCD-8000U)は、USB接続するだけで、8インチのサブモニタになります。

たかが8インチと思われるかもしれませんが、Twitterのタイムラインを表示しておいたり、大容量のファイルをダウンロードする時にその進捗を表示させておいたり、便利に活用できます。

おわりに

デュアルモニタというのは、少し前までは特殊な作業をする人だけが使う環境でしたが、モニタが薄型になり、安価になることで、一般的な作業環境になってきました。

一度デュアルモニタ環境の便利さを知ると、もう手放せなくなります。ぜひお試しください。

Photo:Multi Monitor Mahem by totalAldo

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る