生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 男性がピンクを上手にファッションに取り入れる方法

男性がピンクを上手にファッションに取り入れる方法

2012年02月07日更新

はじめに

ピンクの物をファッションに取り入れる事に抵抗がある男性は意外と多いと思います。ピンクには「可愛い」「女の子」のイメージが強くインプットされているからでしょう。

しかし、ピンクは男性ファッションに取り入れても全く違和感のない色なのです。

ここでは、男性ファッションにピンクを上手に取り入れる方法を考えていきましょう。

ピンク主体にしない

コーディネートをピンク主体にしてしまうのは、かなり勇気がいる事です。中にはピンクの強弱で上手に着こなしている方もいらっしゃいますが、評価も分かれやすいファッションになり勝ちですね。

ポイントに持ってくる

ピンク初心者の方にお薦めしたいのは、ピンクをポイントに持ってくるという事です。「ちら見せ」ですね。

スーツの場合は

  • ベストに取り入れてジャケットから少しだけ見えるようにする
  • ネクタイに取り入れる
  • ワイシャツに取り入れる

などが使いやすいと思われます。

しまる色との組み合わせ

例えばピンクのパーカーやトレーナーの場合は、ジーンズや黒のジャケットを上に羽織ってフードの部分を外に出すとインとアウトのバランスが良くピンクが効果的に映えます。

パンツはダボッとしたジーンズやカーキの物がお薦め。年齢に関わらず、若い着こなしが楽しめます。

ピンクも色々

ピンクと一言で言っても、色味がありますね。少し濁った茶系のピンクはネクタイなどで使いやすい色です。

鮮やかな濃い目ピンクは、前述したように濃い色やカジュアルなジャケットの下にお薦め。

薄いピンクは、着こなしとしては意外と難しいものです。ワイシャツなどに合う色味ですね。

ピンクに限らずですが、服や小物を買うときは、コーディネートを考えて色味を合わせて購入しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。普段、黒尽くめのコーディネートをしている方など、どこかにワンポイントだけピンクを取り入れてみると、それだけでお洒落になりますよ。

ぜひ、挑戦してみて下さい。

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る