生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 子供の習い事の選び方

子供の習い事の選び方

2013年10月17日更新

はじめに

現代の子供たちは、ほとんどとみんなと言っていいほど、習い事に行っています。

子供のためと思い、あれもこれもと習い事をさせていると、時間や金銭的にも余裕がなくなってしまいます。

無料体験を賢く利用

最初に習い事をさせる時に、まずは体験することをお勧めします。

  • 子供が楽しそうに参加しているか
  • 金銭的に続けられそうか
  • 体験したあとに、子供が楽しそうに話すか
  • 親の負担(送り迎え等)の確認

このようなポイントをもとに、自分の子供がどのような習い事が好きなのか、長く続けられそうかを判断します。

親がさせたい習い事

自分の子供が、こうなって欲しい。こういう道に進んで欲しい。

そう思うこともあるかもしれません。親の考えで、習い事を決める時に

  • なるべく厳しくせず、楽しい環境を
  • どうしても拒絶する場合には、無理をさせない

自分がしたいと思っていることではないと、上達もしないだろうし、時間やお金の無駄と言うこともあるかもしれません。

ダラダラと続けるよりも、キッパリやめさせる方がいいと思います。

子供がしたい習い事

自分で何がしたい。何を習いたいと判断がつく頃になると、これがしたい、あれがしたいと言い出すかもしれません。

親としては、そんな子供の声を聞いてあげたいと思うでしょう。

  • 習い事をやめたいと言っても、説得して続けさせる
  • 休みの日に、親も一緒に出来るのならば練習する

自分でしたいと言い出したからには、ずっと続けてほしいものです。子供の言うとおりにすれば、何事にも長続きしない恐れもあります。

親がさせたいと思っている習い事があれば、まずは自分が楽しそうにしているところを、子供に見せるのも、一つの方法ではないかと思います。

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

育児・教育 記事ランキング

8月29日(金)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る