生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 女性らしいと思われる言動

女性らしいと思われる言動

2012年02月07日更新

女性が、「女性らしさ」をかもし出すには、それなりの努力と意識が必要です。なぜなら、女性らしくあることは、決して楽なことではないからです。

例えば、膝と膝を合わせて、女性らしく美しく座っていることは、長時間になるとけっこうキツイものです。でも、足を開いて座っている姿には、女性らしさは感じられませんよね。

日ごろからしっかり意識して、常に女性らしくあるようにしましょう。それが当たり前になってしまうころには、きっと、素敵な女性になっていますよ。

女性らしい仕草

飲み物を飲む時

例えば、グラスの飲み物を飲む時、片手で無造作に持って、ごくごくと飲んでも、女性らしさは感じられません。

でも、それを両手に変えるだけでも、ずいぶんとイメージが変わります。両手でグラスを持って飲み物を飲んでいる女性は、なんだか可愛らしく、男性がキュンとしてしまいますよ。

ペットボトルなどの場合は、両手で持つのは不自然なので、片手でよいのですが、少しずつ、上品に飲むようにしましょう。

髪をかきあげる・束ねる

女性が、長い髪をかきあげる仕草や、無造作に束ねる仕草は、なんともそそられるものです。

食事の際などに、おもむろにヘアゴムやヘアクリップを取り出し、髪を無造作に束ねましょう。慣れた手つきで行うことが重要です。

鏡なしでも上手に無造作なまとめ髪ができるよう、家で練習しておきましょう。

膝にハンカチを置く

短めのスカートをはいているとき、座って膝の間から下着が見えないように、ハンカチを置く女性がいます。

なんだか上品で、女性らしいですよね。スカートをはいているときには、必ず趣味の良いハンカチを持ち歩き、座るときは膝の上に広げると良いでしょう。

女性らしい言葉

若者言葉は使わない

若者がよく使う言葉は、下品なものが多いですよね。「まじで?」「うける~」などという若者言葉は使わないようにしましょう。

「どうぞ」

例えば、エレベーターの中で「開」ボタンを押しながら、降りる人に「どうぞ」と微笑むと、「なんて気が付く女性なんだ」と周囲に見直されます。

バスで前の席の人が「座席を倒しても良いですか?」と尋ねてきたときも、「は~い」と普通に返事するよりも、「どうぞ」と微笑むほうが女性らしく、感じが良いでしょう。

「どうぞ」という言葉と笑顔が連動して、当たり前のように出てくる女性は、できる女性として周囲に一目置かれる存在になれるのではないでしょうか。

おわりに

女性らしい、素敵な女性は、自分自身の言動に気をつけるだけでなく、周囲への気配りもできているものです。

女性らしさに磨きをかけると同時に、自分自身もしっかり磨いて、素敵なできる女になってしまいましょう。

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

恋愛 記事ランキング

9月29日(月)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る