生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 確定申告書を手に入れる方法

確定申告書を手に入れる方法

2012年02月07日更新

はじめに

「確定申告」は、専用の用紙である「確定申告書」に必要事項を記入して、税務署に提出します。

確定申告書は、どこで手に入れたらよいのかご存知ですか?税務署でもらえます。

税務署が、自宅や勤務先の近くにないひとでも、カンタンに確定申告書を手に入れる方法があります。

確定申告書を手に入れる方法は、いくつもあります。わからなければ税務署に電話して教えてもらうこともできます。

ポイント1 国税庁ホームページ

国税庁のホームページで手に確定申告書が手に入ります。正確に言うと、国税庁のホームページから、確定申告書をプリンターで印刷することができます。

詳細はこちらをご覧下さい・・・国税庁
確定申告書の印刷は、こちらからご覧下さい・・・確定申告特集

 e-Taxとの比較

確定申告が初めてのひとや、まだ申告手続きになれていないひとにとっては、インターネット申告には抵抗があるかもしれません。

インターネット申告、つまり「e-Tax」は、とても便利で、利点があります。しかし、「e-Tax」を利用するには準備が必要です。電子証明書の取得などです。

 書面印刷の利点

確定申告書を「印刷」して、「書面提出する」場合には、電子証明書の取得や確認などの「準備」が必要ありません。プリンターで印刷するだけです。

確定申告書を使用して確定申告をする場合、確定申告書に記入してしまえば、申告書を持って「相談」に出掛けることも可能です。「相談」は、この時期、各地に開設されている確定申告申告相談会場で無料で相談できます。

ポイント2 税務署

税務署に行けば、確定申告書を誰でももらうことが可能です。無料です。

確定申告書をもらうだけなら、どこの税務署でもOKです。ただし提出するときは、自分の居住する地域の税務署になります。

この時期、多くの税務署では、税務署に入ってすぐの場所に、よく見える位置に確定申告書が用意されています。山積みになっていますから、自由に持ってこれます。

もちろん、税務署の窓口で声をかければ確実に確定申告書をもらえます。

ちなみに確定申告は、郵便で提出することも可能です。

ポイント3 市町村役場

市町村役場にも、この時期は確定申告書が置かれています。もしも見当たらなければ、役場の窓口で質問してみてください。

ポイント4 確定申告相談会場

確定申告相談会場は、確定申告の時期に各地に開設されています。

確定申告相談会場では、確定申告用紙も用意されています。書き直し用に予備をもらうことも可能です。

ポイント5 電話

税務署が休みの日でも、電話相談という方法もあります。

おわりに

確定申告の第一歩は、申告専用の用紙である「確定申告書」を入手することです。手に入れたいと思えば、驚くほど入手手段があることに気づくと思います。

確定申告書には、書き方ガイドも付属していますから、ガイドに添って記入すれば誰でも書くことが可能です。

今まで確定申告をしたことがないひとでも、1度、確定申告書を入手してみませんか。習うより馴れろ、という言葉がピッタリくるかもしれません。

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る