生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 一重に似合うアイメイク法

一重に似合うアイメイク法

2012年02月07日更新

雑誌のメイク特集をみれば、パッチリ二重のモデルが並び、社会的にも二重人気は根強いものがありますね。

でも、日本人らしいオリエンタルな魅力にあふれた一重まぶたも、また素敵なものです。

そこで、一重だから似合う、一重にお勧めのアイメイク法をご紹介します。

その1:切れ長一重の場合

まずは、すっと筆で書いたような切れ長でシャープな一重の場合です。この一重が一番、オリエンタルな雰囲気が強いですよね。

リキッドアイライナー

この場合お勧めしたいのが、黒の筆ペンタイプのリキッドアイライナーでしっかりアイラインを引くことです。

あまりアイシャドウで色味を重ねるよりも、キリっとしたラインを引いて切れ長なラインを強調した方がよいでしょう。

マスカラも、上にカールするより、目じりを強めにカールしたり、目じりだけ付けまつげをするのもお勧め。

切れ長なラインが持っているオリエンタルなイメージをよりしっかり強調し、あなたらしさが引き立ちます。

アイシャドウ

アイシャドウをつける場合は、色味よりも輝き、ツヤに重点をおくとよいでしょう。パープル系、ゴールド系などのパールの強いものを合わせると大人っぽい仕上がりに。

その2:ちょっと腫れぼったい一重の場合

雑誌のアイメイク特集で、一重の場合として出てくるのは1番のタイプまで。ちょっと腫れぼったい一重は、まず登場しませんよね。

でも、このタイプの一重も、日本人にはかなり多いのではないでしょうか。優しげで可愛らしい印象の人が多いと思います。

NGメイク

この場合は、絶対NGなのが、ピンク系のアイシャドウを使うこと。腫れぼったさが際立ってしまいます。

アイライナー

また、アイライナーも、まつ毛の際に入れると目を開けた時見えなくなってしまうので、もし引くなら、目を開けた時にちょっと見えるところまで、太めに引くようにしましょう。

この際、黒のリキッドで引くと、太く強いラインになって、かなりギャル風のメイクに仕上がります。

ギャル風が好みでない場合は、焦げ茶のアイシャドウなど使ってぼかすように描くのがお勧めです。

まぶた全体に茶系を伸ばすと腫れぼったくなってしまうので、まつ毛の生え際~目が開いた時にちょっと見える辺りまでを死守しましょう。

アイシャドウ

このタイプの目に似合うアイシャドウは、ずばり寒色です。アイスブルー、ホワイト、グリーンなど、涼しげな色がスッキリした目元を演出してくれます。

アイライン代わりに目元に伸ばしたブラウンとの相性も◎。

マスカラ

マスカラは、しっかりまつ毛を立ち上げて、黒目の上あたりを強めに塗ると目がハッキリ強調されます。

おわりに

一重にコンプレックスを抱く人も多いように思いますが、一重の目には一重の目の良さがあります。

あなたの目に似合うメイクを見つけて、アイメイクを楽しんで下さいね。

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

美容・ビューティ 記事ランキング

10月30日(木)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る