生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 東京23区内でグルメも楽しめる美術館3選

東京23区内でグルメも楽しめる美術館3選

はじめに

美術館のなかには、併設の飲食店が充実しているところがたくさんあります。

そこで、当記事では東京23区内でグルメも楽しめる美術館を3つご紹介します。

国立新美術館

「国立新美術館」は、期間限定で多彩な展覧会を開催するのでいつも新しい発見がある美術館です。

館内には1つのレストラン、3つのカフェがありますが、特にお勧めなのが、「サロン・ド・テロンド」

巨大な逆円すいの最上部に広がるカフェで、展示会の内容とコラボレーションした期間限定メニューが豊富なのが魅力的です。
  • 住所:東京都港区六本木7-22-2(都営大江戸線「六本木駅」から徒歩4分)
  • 休館日:毎週火曜日(祝祭日の場合は開館し、翌日休館)

東京都庭園美術館

「東京都庭園美術館」は、香宮邸として建てられた建物を美術館として公開したものです。

庭園で野外設置の彫刻を楽しめるほか、館内で様々な展覧会が開催されています。

そんな由緒正しき美術館の正門脇に、老舗料亭「金田中」が手がける新しいスタイルの和のカフェレストラン「cafe 茶洒 kanetanaka」があります。

老舗の味をリーズナブルな価格で味わえるランチや、焼きフルーツなど独創的なデザートがお勧めです。
  • 住所:東京都港区白金台5-21-9(JR山手線「目黒駅」より徒歩7分)
  • 入館料:庭園のみなら大人200円等。館内は展覧会ごとに異なる(2011年2月3日現在開催中の「タイポグラフィ展」は、一般1000円等)
  • 休館日:毎月第2・第4水曜日(祝祭日の場合は開館し、翌日休館)

江戸東京博物館

「江戸東京博物館」は、常設展示室で江戸東京の都市と文化を学べるほか、各種特別展・企画展が開催される美術館です。

館内には個性豊かな3軒のレストランがありますが、特にお勧めなのが「緑茶処 両国茶ら良」。

芸術観賞のあとは、「みたらしとあんこの欲張り串団子セット」などの和のスイーツとともに、ゆっくりくつろいでみてはいかがでしょう。
  • 住所:東京都墨田区横網1-4-1(JR総武線「両国駅」から徒歩3分)
  • 入館料:常設展(企画展含む)は一般600円等。特別展は展覧会ごとに異なる(2011年2月3日開催中の「江~姫たちの戦国~」展は一般1300円等)
  • 休館日:毎週月曜日(祝祭日の場合は開館し、翌日休館)

おわりに

いかがでしょう。東京23区内でグルメも楽しめる美術館についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、美術館巡りのヒントになれば幸いです。

(photo by 足成)

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る