生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 「化粧初心者」にもできるナチュラルメイクのコツ

「化粧初心者」にもできるナチュラルメイクのコツ

2012年02月07日更新

お化粧初心者の方は、自分にはどんなメイクが似合うのか、またどんなアイテムを揃えればいいのか悩むでしょう。ファッション誌を参考にしたいと思っても、アイテムが多かったり自分には派手すぎるように感じることもあります。

初心者の方には、まずはナチュラルメイクに挑戦することをおすすめします。いきなりバッチリメイクをすると自分でも落ち着かないかもしれません。今回はメイクのコツと揃えたいアイテムをまとめてみました。

メイク初心者がナチュラルメイクをするコツ

ファンデーション

ローション・乳液・UV効果のある化粧下地で肌を整えたら、ファンデーションを塗ります。一年中使えてナチュラルメイクにおすすめなのは、リキッドファンデーションにおしろいをプラスする組合せです。

パウダーファンデーションは乾燥しやすく、エアコンを使う季節にはあまり向いていません。春夏は少し濃度の薄いリキッドを使い、秋冬は保湿効果のあるリキッドにすることもできます。

ファンデーションに保湿ローションを少し混ぜて塗ると薄づきになるのでナチュラルな肌感が出せます。上から少しおしろいをつければきめの細かい肌になります。

アイメイク

アイメイクを上手になおかつナチュラルにできるようになると、顔の印象はだいぶ変わります。最低限揃えたいアイテムは、アイライナー・アイシャドウ・マスカラです。

アイライナーはあまり目立たせたくなければペンシルタイプを選びましょう。リキッドタイプはラインの太さの調節が楽なので初心者にもおすすめです。

マスカラにはボリュームを出すものや長さを強調するものなどいろいろなタイプがあります。これは自分の好みに合わせて選べばOKです。ビューラーでまつげを立たせてから塗りましょう。

フィルムタイプと呼ばれるものだと40度以上のお湯で簡単に落とせるのでメイクオフが楽です。

まずアイラインをまつげの根元を埋めるような気持ちで引きます。下まぶたは目尻側だけ細めに引きましょう。その上から濃いグレーやブラウンなどの締め色のアイシャドウを2mmほどの幅で引きます。

グラデーションになるように薄いグレーやシルバー、ベージュのアイシャドウをアイホール全体に塗ります。少しラメが入ったタイプがおすすめです。

リップメイク

最近はルージュも色々なタイプが出ています。ナチュラルメイクにはリップクリームの上にグロスとルージュをミックスしたタイプの口紅を塗ることをおすすめします。

色もベージュ系など肌なじみのよい色を選べば唇だけ目立ったり浮いてしまったりする心配がありません。こまめに塗り直してツヤツヤ感をキープしましょう。

おわりに

いかがでしょうか。今回ご紹介したポイントを押さえるだけで、すっぴんとは明らかに違う女性らしさをアピールすることができますし、ナチュラルなのでいつでも始めることができます。ぜひ試してみてください。

本記事は、2012年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る