生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 初心者がPCで絵を描くときに揃えておくと便利なものまとめ

初心者がPCで絵を描くときに揃えておくと便利なものまとめ

2013年10月29日更新

はじめに

パソコンで絵を描きたいけど、何から揃えればいいかわからない・・・そんなアナタへ!

アニメ・マンガ系のイラストを描くという前提でこのレシピを書きました

あると便利なもの

ペンタブレット

通称「ペンタブ」

画像のような板とペンがセットになっており、USB接続で使います。
お絵かきしたい方が選ぶポイントは、

  • WACOM製品であること

やはりWACOMが一般的なので、ペイント系のソフトとの相性も良いかと思います。

  • 付属ソフトに注意する

ペンタブにはお絵かきに便利なソフトが無料で付属しています。

私のオススメは「Adobe Photoshop Elements」が付属しているもので
す。上記ソフトについては後述します。

Photoshop Elementsがついているペンタブは付いていないものより高価なので金銭的に余裕がある方へ。

スキャナ

紙に描いたイラストをパソコンで編集したい方へ。

パソコンで色塗りする場合はペンタブがないと辛いです。(マウスだと筆圧を感知してくれないので)

お絵かきソフト

選ぶポイントとしては、「有名なソフト」を選ぶと良いです。
理由はネット上で「お絵かき講座」などを探しやすいからです。
マイナーなソフトだと講座の数が少なくて、初心者には不便かと思います。

無料ソフト

無料で有名なのは下記の二つです。

使いやすさに関しては、フリーソフトなので両方とも試してみると良いと思います。

安価なソフト

線の描きやすさはSAI、ブラシ設定や加工に関してはopenCanvasです。線画をSAIで作成し、色塗りをPhotoShopという方が多いようです。

どちらのソフトは無料で試せる試用期間がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

高価なソフト

CS版(約14万円)とElements版(約1万5千円)の2種類があります。

CSは高度な補正機能や印刷用のモードを搭載しており、プロ向きだと思います。

個人的には加工には抜群の性能を発揮しますが、線画作成には向いてないという印象です。

イラストを描くためのソフト。紙(キャンバス)の種類も選べたり、油絵などのアナログな塗りも再現できます。

通常のPainterは5~6万円、筆の種類などの機能を絞った廉価版は9千円程度です。
 

おわりに

他にもイラスト作成用のソフトがあるかと思いますが、今回は初心者向けのものを紹介いたしました。

これを機に是非パソコンでのイラスト描きをはじめてみてはいかがでしょうか。

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る