生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. ご近所付き合いがうまくなる方法

ご近所付き合いがうまくなる方法

はじめに

ご近所付き合いが上手くいかない…。
一人暮らしで、隣近所との付き合いがほとんど無い…。

隣近所との付き合いは、何かあった時とても重要です。
例えば、急な病気で倒れてしまった時、隣近所と仲が良ければ、すぐに気が付いてくれるかもしれません。

また、料理の余り物等をもらえる機会があったり、ご近所さんと仲良くなると、精神的な支えが生まれます。

しかし、現代の日本ではご近所付き合いが少なくなり、老人の孤独死等がにニュースで報道されたりしています。

これも、近所との付き合いが上手にいっていれば、防げる事だったのかもしれません。

ご近所付き合いのコツ・ポイント

No.1:アクションは自分から起こす

待っていても、ご近所付き合いは始まりません。
一人暮らしの方は、実家からの仕送りで食べ物が余った等と言って、お隣さんに配りましょう。その他どんな理由でも構いません。とにかく、自分からアクションを起こしましょう。

No.2:出来るだけ、顔を合わせる

一番は、ゴミ出しの日です。
ゴミ出しの日は、集合住宅の場合皆同じ時間帯にゴミを出しに行くので、隣が出たな~と感じたら、偶然を装って一緒にゴミ出しに行きましょう!
ちょっとストーカーっぽいですが、出来るだけ顔を合わせる事が大切です。

No.3:挨拶は目を見てはっきりと

顔を合わせるだけでは駄目です。
朝だったら、「おはようございます。」
昼は「こんにちわ」
夜は「こんばんわ」

必ず相手の目を見て言う様にしましょう。
そして、天気の話等をして、会話にもっていければ、尚更GOOD!!です。

最後に

ご近所付き合いの方法に、正解はありません。
ただ、最低限やった方が良い。やる事が出来る事を今回は投稿させて頂きました。

ただ、余ったからもらってくれ等と言って物をあげまくるのも、相手にとってはお返しをしなければと悩ませてしまいますので、お勧めする事は出来ません。ほどほどが大事という事です。

また、ご近所付き合いは一朝一夕で出来上がるものではありません。
少しずつ、ゆっくりと近所付き合いの関係を作り上げるのが、ベストだと思います。

(photo by PresenPic)

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る