生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 営業のひとにオススメ!万年筆と万年筆に合うアイテムの選び方

営業のひとにオススメ!万年筆と万年筆に合うアイテムの選び方

2014年03月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

万年筆は、老若男女問わずにオススメのステーショナリーです。

万年筆の良さを満喫できるステーショナリーは、そのまま仕事にも役立つものばかりです。

特に営業のひとにオススメの万年筆と、万年筆に合うアイテムの選び方にスポットを当ててアイテム紹介をします。

オススメの万年筆と万年筆に合うアイテム

1 万年筆

万年筆にも多種多様です。ペン先の書き味も、好みが色々です。

もしも万年筆初心者の場合には、とりあえずオススメの一本が、こちらです。

セーラーの万年筆です。

セーラーの「プロフィットスタンダード21」は、使い心地も抜群です。使っているうちに、自分の筆圧や癖にマッチしたペン先になっていくので、使えば使うほどに、使いやすくなっていきます。

キャップが「ネジ式」なので、カバンやポケットの中でインク漏れする心配がありません。

贈り物にも最適です。

キャップはネジ式ですが、はずして使用中はペン後方に刺しておけます

 

詳細はこちらをご覧下さい・・・セーラー万年筆・プロフィットスタンダード21

2 コンバーター

万年筆のインクは「カートリッジ」式で利用されることが多いと思います。

だからこそ、こちらの「インク吸引式」がオススメです。インク瓶のインクを吸入して使用します。

インク吸入器のことを「コンバーター」と言います。普通のインクカートリッジのように、万年筆のペン先に装着できます。

詳細はこちらをご覧下さい・・・ 万年筆用インク吸入器コンバーター

セーラー万年筆 インクコンバーター 14-0500-000 1本

3 ボトルインク

インクです。ボトルに入っています。ガラス瓶に入っています。

「ブルーブラック」が、礼状用にも、手帳メモ用にもオススメです。

万年筆のメーカーとインクのメーカーは同じのを使いましょう
詳細はこちらをご覧下さい・・・万年筆用ボトルインク

(商品コード:B00391Z0JIのAmazon商品は販売終了しました。)

4 情報カード(無地)

万年筆のペン先に馴染む紙の代表が「情報カード」です。上質紙です。

「LIFE 情報カード」は、インクの乾きも良いのですが、特に「印章」を押すときに効果を発揮します。

営業で出かけた先で、取引先の「スタンプ(住所、電話番号、代表者氏名などデータ)」を押してもらうとき、文字が鮮明に写ります。

無地が使いやすいです。10枚ほど携帯しておくと便利です。

(商品コード:B0018HJSZCのAmazon商品は販売終了しました。)

5 ポストイット(やや大きめ)

手帳は紙質が薄いので、どうしても万年筆のインクは裏面に滲んでしまいやすいものです。

そんな手帳に、あらかじめポストイットを貼り付けておくことで、インクの滲みを防止します。

大きいポストイットがオススメです。手帳のページより、ひとまわり小さいくらいの「大きさ」がオススメです。

さらに「手帳ツールタイプ」というものもあります。手帳と併用するのがオススメなので、手帳に貼りやすく、手帳と一緒に形態しやすいタイプがオススメです。

テンミニッツ・手帳ツールタイプ

6 A4上質紙

いわゆるコピー用紙として500枚単位などで市販されているタイプです。

安くて大量に購入できるのが魅力です。しかも、万年筆のインクが滲まないタイプが多いのもポイントです。

自宅で使う紙に、コピー用紙はオススメです。特に「白」だけでなく、「ピンク」や「ライトグリーン」、「セルリアンブルー」などの、パステル風に淡い色使いの紙がオススメです。

目的用途別に色分けするのも楽しいですよ。
KOKUYO KB用紙(共用紙)(FSC認証)(64g) A4 500枚 KB-39N

7 縦書きノート

アピカ1000年ペーパーのノートです。高級ノート「パーソナル」のシリーズです。

長期間保存していても、変色や劣化が、ほとんどないのがポイントです。

「たてがき」のノートのオススメは、「手紙の下書き用」です。縦書き便箋を使用する機会は少ないかもしれませんが、実際に「縦書き」を日頃から体験しておくと、いざというときに役立ちます。

目上の人に対して送る礼状など、社会人生活の中では、何度か「きちんとした手紙」を書く機会が訪れるものです。

1冊持っていれば、何年間も使用し続けられます。手帳よりも長いデータの保存になります。

詳細はこちらをご覧下さい・・・アピカ・高級ノート・パーソナル

おわりに

万年筆は、万年筆だけでなく、「紙」との相性によっても、使い勝手が変わってきます。

ぜひ、「ペン」と「紙」の両方を意識して、自分なりに使いやすいステーショナリーを見つけてください。

Photo by 著者 

本記事は、2014年03月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る