生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 財布をなくしてしまった時の対処法まとめ

財布をなくしてしまった時の対処法まとめ

2013年11月09日更新

はじめに

先日、人生ではじめてお財布をなくしました…orz

色々とショックだったんですが、今後同じ目にあった人のために、と、自分への戒めの気持ちをこめて、記事を書こうと思います。

一番最初にやるべきこと

警察に届けを出す

何よりも先に警察に遺失届けを出しましょう!

ここで、名前や住所、電話番号の他に、落とした時間やだいたいの場所、そして、財布の特徴や中に入っていたものの種類などを記入します。

その作業が完了したら、おまわりさんが、近隣の大きい警察署に問い合わせをしてくれます。この時にすでに届けられていれば、そのまま回収できますし、そうでない場合は、受理番号というものを教えてくれます。

この受理番号は、この次にやるべきことで必要になってきますので、出来ればケータイやノートなどにメモしておくことをオススメします。

ちなみに、ちゃんと警察に届けていれば、もしカード類を悪用されても保険とかが効くようなので、何はともあれ一番最初は警察に行っておいた方がいいと思われます。

次にやるべきこと

カード類の届け出

警察に届け出て、受理番号を聞いたあとは、カードに関する届け出を出しましょう。ざっくり分けてカード類は、

  • (1)クレジットカード
  • (2)キャッシュカード
  • (3)ポイントカード

などがあげられると思います。

(1)クレジットカード

限度額の設定などにもよりますが、一番気になるところだと思います。なので、警察に届け出た後はまずクレジットカードの停止を行いましょう。

カード会社の電話番号は、たいていホームページに書いてありますので(携帯でも無料でかけられるところが多い)、まずはホームページを調べます。

電話をすると、名前と生年月日、電話番号や住所などを聞かれます。そこで本人確認を済ませたあとに、落とした場所や時間、そして受理番号を聞かれます。

もし手元に最新の明細表などがあれば、それも用意しましょう。最後にいつカードを使用したかを聞かれますので、だいたいでいいから答えます。それを参照しつつ、最後にカードが使われた具体的な日時を教えてくれますので、そこで悪用されているかどうかが分かります。

ちなみに、カードを再発行した場合、カード番号が変更になるようですので、amazonなどに登録している場合は変更を忘れないようにしましょう

(2)キャッシュカード

クレジットカードと同様に気になるところが、キャッシュカードだと思います。なので、次はキャッシュカードを停止します。

こちらもホームページに紛失した場合の問い合わせ番号が書いてありますので、その番号に電話しましょう。

その際に、口座番号などを聞かれますので、もしあれば手元に通帳を用意するとよいと思われます。ない場合は、名前や生年月日、電話番号、住所などが聞かれます。

ここでも、最後に使用した日時などを聞かれて、それに応じて悪用されているかどうかを教えてくれますので、明細などがある場合は用意しましょう。

またカードの再発行には、通帳と印鑑、身分証明証が必要となりますので、これを用意してなるべく早く銀行に行きましょう。キャッシュカードが使えないとお金を下ろすのにも、窓口に行って、通帳と印鑑を持っていかないとならないので、かなり不便ですから…。

(3)レンタルビデオ店のカード

TSUTAYAやGEOのカードを止めましょう。
他人が借りた場合でも延滞料金が発生します。悪用された場合大変です。

(4)ポイントカード

上記の2つの手続きがすめばほとんど安心だと思いますので、こちらは落ち着いてから手続きすればOKだと思います。

ちなみに、ビックカメラやヨドバシカメラの場合は、カードの有効期限までにお店に行き、再発行を手続きをすればポイントは継続してくれるようなので、こちらもポイント残高が貯まっている方は、なるべく早めにお店へ向かうことをオススメいたします。

その次にやるべきこと

身分証類の届け出

財布の中に、運転免許証や健康保険証、学生証などを入れている方も多いと思われます。こちらも上記カード類の次に悪用されると怖いものなので、こちらもちゃんと届けを出しておきましょう。

運転免許証

こちらも自分が住んでいるエリアの警察署、もしくは近隣の免許更新センターにいって、届けを出し、再発行の手続きを行いましょう。

この申請は免許証の有効期間内に行わなければなりません。有効期間がギリギリの方は急いで手続きに向かいましょう

健康保険証

会社経由で加入している場合は、その会社の担当の方に報告しましょう。国民健康保険などに入っている方は、自分が住んでいる地域の役所に届けを出します。

学生証

こちらも通っている学校の事務局などに届け出て、再発行をしてもらいましょう。学部ごとなどに窓口が分かれている場合は、自分が所属している部署の窓口にいくとそこで手続きができることもあるようです。

suicaやpasmoなどICカード型定期に関して

もし、定期も財布の中に入れていた場合、上記のようなICカード型の定期券に関しては、再発行手数料500円+デポジット500円=1000円で再発行が可能なようです。

磁気(紙式)定期券の場合は、再発行不可のようです。その場合は、残念ですが涙を飲んで潔く諦めましょう…

さいごに

財布をなくした、ということに気がついた時は本当に心の底から焦ります。あてもないのに、前日にいったお店を歩きまわったり、自暴自棄になってしまったり…。

本当につらく、絶望的な気持ちになりますが、こういう時こそ一旦冷静になって、財布に何が入っていたかを思い出して、各種手続きを行いましょう。きっと財布が見つかることを祈って。

そして、もし自分が財布を見つけた場合は警察に届けてあげましょうね!親切は巡りめぐって、必ず自分に返ってくるはずです!!

本記事は、2013年11月09日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

生活・ライフスタイル 記事ランキング

8月1日(金)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る