生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 「ガラケー」とは?誰でもわかる言葉の意味と基礎知識

「ガラケー」とは?誰でもわかる言葉の意味と基礎知識

2014年10月28日更新

ガラケーとは?

インターネット業界の人と話すと、「ガラケー(がらけー)」という言葉を耳にすることがあります。

しかし「ガラケーって何ですか?」という人も多くいます。最近はやりのスマートフォンとの違いもよくわからない、という人もいるでしょう。ちょっと専門用語ちっくなので、わかりづらくもあります。

そこで、「ガラケー」の意味や由来についてわかりやすく説明します。

ガラケーをもっと使いこなそう!合わせてこちらもチェック!
ガラケー・フィーチャーフォンのハウツー

ガラケーの意味

ガラケーとは、簡単に言うと「日本独自で出回っているケータイ」のことをさします。

日本のケータイは、世界的にみても独自といわれています。そこで「ガラパゴスケータイ」と呼ばれるようになり、それが略されて「ガラケー」と呼ばれるようになりました。

当然、docomo、au、softbankなどの日本のキャリアの対応が中心です。

ガラパゴス、とは外の世界と断絶された環境をあらわす、という意味です。ガラパゴス諸島が、外部から断絶された場所であったため、生物が独自の進化をとげたとされていることから、こういう意味になりました

なぜガラパゴスと呼ばれるようになったのか?

独自進化した理由

まず、1点目に、通信方式が世界標準でなかったため、日本に海外のケータイが入ってこなかった点があります。

そのため、海外ケータイが入ってこない市場になった上、日本のケータイも海外に向けて販売を積極的にしなかったため、日本市場だけをみて売るということになりました。

だからこそ

  • iモード専用のサイトという概念が出てくる
  • オサイフケータイ、ワンセグなどがついたものがでてくる
  • 絵文字、赤外線などの機能がついてくる

など、独自の進化をとげたのです。

ガラケーじゃないケータイって何?

しかし、今では、世界のケータイがどんどんと日本で普及してきています。たとえば、iPhoneなどが有名ですね。iPhoneなどのことを「スマートフォン」と呼びます。

iPhoneでは世界中で同じ端末を使え、またアプリも共通です。つまり、日本向けだけにアプリを作るのとは違い、世界中で売れるため、市場が大きいとされています。

また、検索エンジンで有名な、Googleもケータイに参入してきています。Googleはケータイそのものを作っているわけではなく、OSと呼ばれるケータイを動かすための基礎ソフトを作っています。それはAndroidと呼ばれています。Androidは様々なケータイに組み込めるようになっており、メーカーがこぞってAndroidケータイを作り始めています。

ガラケーはダメなの?

iPhoneなどが好きな人がたまに「ガラケーはダメだ!」「ガラケーは時代遅れ」ということがあります。

たしかに世界標準からみると、はずれているケータイではあります。一方で、世界でもっともケータイを使ったビジネスがさかんであり、ずいぶん前からケータイサイトでの課金化や、アプリの販売市場というものがありました。

つまり、日本独自のものといっても、機能が劣っている、というわけでは決してないのです。

世界でもっとも進んでいるからこそ、世界がついてこれなかったという考えもあります。

ガラケー=フィーチャーフォン
最近は、ガラケーの代わりに「フィーチャーフォン」という言葉がよく使われるようになりました。「ガラケーはイメージが悪い」と考える人が多いため、携帯電話会社はガラケーという言葉は使わず、「フィーチャーフォン」と呼びます。意味はガラケーと同じです。

今後、ガラケーはどうなるか?

では、今後、ガラケーはどうなるのでしょうか?

一般的には、ほとんどのケータイは、スマートフォンにうつっていくと思われます。2013年現在では、日本のメーカーやキャリアが出す電話はほとんどスマートフォンにとって変わってしまいました。

ガラケーは一つの時代が終わったということで、今後は大画面、大容量のスマートフォンが基本となっていくでしょう。

一方で、らくらくフォンのような、シンプルで使いやすい形で残っていくことも考えられます。

ガラスマ?グロスマ?

スマートフォンが次々と発売される中、徐々にスマホ同士の差別化もされるようになってきました。

特に、スマートフォンの中でも、従来のガラケーの機能(ワンセグ、おサイフケータイなど)が搭載されたものをガラパゴススマートフォン=ガラスマということがあります。

それに対し、世界標準の端末として販売されているスマートフォンはグローバルスマートフォン=グロスマと呼ばれます。

おわりに

というわけで、ガラケーについてざっと説明してまいりました。

しばらくは、iPhoneなどの海外とのケータイと対比で使われそうなものなので、覚えておくとよいかもしれないですね!

本記事は、2014年10月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

スマホ・携帯 記事ランキング

10月31日(金)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る