生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 東西が左右のどちらかを一瞬で判断する方法

東西が左右のどちらかを一瞬で判断する方法

2013年10月29日更新

はじめに

RPGゲームなどをしていて、「西に行けば、おぬしの欲しいアイテムが手に入るであろう」などと言われる場面があります。

典型的なRPGの世界では、だいたいが北が上方面ですが、その場合、西とは右なのか左なのか、一瞬考えてしまうことがあります。

そこで、今回は、北が上と限定した場合、西と東が右と左のどちらかを、瞬時に判別する方法をご紹介します。

ポイント:どちらも5文字になる

ポイントをつかめば簡単です。

北が上とした場合、正しい方向は、

  • 東が右
  • 西が左

なのですが、この二つ、共通点があります。

そう、ひらがなにすると、

  • ひがしみぎ
  • にしひだり

と、両方5文字になります。

これが、正しくない方向にしてしまうと、

  • ひがしひだり
  • にしみぎ

と文字数がどちらも5文字になりません。

つまり、方位+方向をひらがなで書いたときに5文字になるものが正解となります。

さらに!

右か左かだけでなく、どちらがイースト(East)で、どちらがウエスト(West)かもわからなくなったときのポイント。

しかしこれも、

  • いいひがし
  • わるいにし

と、似たような方法で覚えることができます。

この「いい」「わるい」の頭文字は、

  • いいひがし(East のE)
  • わるいにし(West のW)

です。

これも、正しくない方向にしてしまうと、

  • わるいひがし
  • いいにし

と文字数がどちらも5文字になりません。

おわりに

いかがだったでしょうか。

これでRPGをすすめているとき、村人や王様に突然方位のヒントを出されてもすぐに右に進めばいいのか、左に進めばいいのか判断できますね!

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る