生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. いまさら聞けない!実印・認印の違いを知る方法

いまさら聞けない!実印・認印の違いを知る方法

認印とは?実印とは?

「認め印とは何・・・?」「シャチハタとどう違うの?」「銀行印とどう違うの?」など、一見、どれも同じに見える印鑑。しかし実は様々な用途にわかれています。

そうはいっても実印?認印?と混乱してしまうこともありますよね。でも一般常識だから人には聞きづらい・・・そんな方のために、ここでは実印・認印の違いを説明します。

そもそも「印鑑」とは?

印鑑とは、基本的に固い素材でできており、朱肉を使うものをはんこといいます。

インクが中から染み出てくるのは、印鑑とは言いません。それは浸透印と呼ばれ、「シャチハタ」が多く知られています。

インクのものは時間がたつと色あせてしまいます。そのため、シャチハタは正式な書類のときは使わないことが多いです。

印鑑の種類

印鑑の種類は大きく分けて5つあります。

  • 実印
  • 認印
  • 銀行印
  • 訂正印
  • 落款印

勘違いしやすいのが、銀行印、訂正印、落款印は印鑑それ自体が違うのでなく、あくまで使う使用用途の違いのこと、ということです。

なので実際に持っておくものは、大きく分けて2つになります。それが「実印」と「認印」なのです。

一番重要な ”実印”

市町村役所に登録した印鑑のことです。1人1個しか持てない大事な印鑑です。満15歳以上で住民票に記載されている人であれば誰でも登録できます。

実印登録をすると、印鑑証明書の発行が可能になります。

印鑑証明書とは、「本人が登録した印鑑」の証明書です。その印鑑が正当性があることを証明してくれます。

会社登記など、非常に重要な時などに印鑑証明書は必要となります。

一番使用頻度の多い ”認印”

郵便物などを「受け取りました」と了承したりする時に使用する、日常的な印鑑。文房具屋や、100円均一のお店で購入できるくらい気軽です。

印鑑の大きさの違い

意外と気にとめないけど、大きさについて知っておくといいことが2つあります。

  • 認印は実印・銀行印よりひとまわり小さく作るのが普通
  • 性別によっても好まれる大きさがある

それでは実印、認印の男女別の大きさの基準は以下の通りです。

実印

  • 男性15ミリ~16.5ミリ
  • 女性15ミリ(姓または名だけの場合は13.5ミリ)

認印

  • 男性・女性12ミリ

おわりに

実印は一度作ってしまえば一生ものになります。ケチらないで1万円以上のものを作っておくと便利ですよ。

最近ではインターネットでも印鑑を買えるので探してみてはいかがでしょうか。

関連ライフレシピ

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る