生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 妊娠後期!眠れない夜の対策

妊娠後期!眠れない夜の対策

2013年11月13日更新

はじめに

妊娠後期(妊娠8ヶ月~)になると、おりものや便秘、吐き気がなくなる代わりに、眠れないという話はよく聞きます。それほどひどく眠れないということはありませんでしたが、数日はそのような日もありました。

妊娠後期、特に9ヶ月頃になるとエストロゲンという女性ホルモンが活発になるため眠気がなくなる、と育児書に書いてありました。でも不安になる必要はありません。

そんな眠れない夜のためにとった対策を執筆します。妊娠9ヶ月の過ごし方の参考にしていただけたら嬉しいです。

流れに逆らわないようにした

夜布団に入って眠れないのに、無理に寝ようとしても焦ってしまって余計眠れませんでした。

こうした

布団に入って何も考えずにボーっとしていました。布団に入って横になるだけで80%の疲れはとれる、と育児書に書いてあったのでそれを信じるようにしました。

結果

そうすることで知らない間に寝付けたのです。

昼寝の時間を調整した

やはり、昼寝をたっぷりしてしまうと夜の眠気がなかなかやってきません。

こうした

昼寝は一時間だけ、と時間を決めて実行するように。

結果

そうすることによって、夜も自然と眠くなるようになり、スムーズに寝付けました。

朝夕の散歩を欠かさずにした

妊娠中に体を動かすと、疲れる。そして眠れる。そう信じていました。

こうした

太りすぎや安産のために散歩していたこともありますが、朝夕に毎日30分の散歩をすることで、体が疲れました。

結果

歩くことによりとても疲れることで、本当によく眠れました。私のまわりの人に比べると、妊娠後期にも関わらず、私は朝までぐっすりとよく眠れるほうだったようです。

やはり、毎日の散歩がきいたように思いました。

散歩は太りすぎ、安産、快適な睡眠、妊娠中の体にいい影響をもたらすのでおすすめです。

おわりに

眠れない夜に寝ようとしても寝付けないものです。それが女性ホルモンの分泌が関係しているのならなおさらなこと。

でも人間って、疲れると眠れる。これは言えるのかなと思いました。

無理のない程度なら、やはり体を動かすことは大切でしょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/19-359729.php?category=265

本記事は、2013年11月13日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

妊娠 記事ランキング

8月28日(木)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る