生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 安産祈願!陣痛が早く来るジンクス&乗り切るための心構え

安産祈願!陣痛が早く来るジンクス&乗り切るための心構え

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

出産が近づくと、ちょっとお腹や腰が痛いだけでも「来たか…?」とドキドキして、気が気でない日々を過ごすことになりますね。

筆者が実践したジンクスと、陣痛を乗り切るための心構えをご紹介します。

陣痛を呼ぶジンクス

凝った手芸をする

これは先輩ママに教えてもらって実践しました。

気が早いことに、通園バックを作りましょう。すぐ出来るものではなく、少し凝ったものにするのがポイントです。

あと少しで出来上がる!という時に限って、残念ながら陣痛が来るそうです。

通園バッグでなくても少し難易度の高い子供用のものが良いようです。

時間つぶしなのか?と思われるかもしれません。そういう面もあるのかもしれません。

いろんなジンクスがありますが、何かに集中して「あと少し!」という時に陣痛がくるものらしいですよ。

筆者も全てやりかけのまま出産しました!

陣痛を乗り切るためには

呼吸を整える

パニックにならないためには呼吸を整えるのが一番です。

飛行機には酸素マスクが装備されていますよね。酸素マスクに期待される効果の一つとして、酸素不足で乗客がパニックをおこさないように、というのがあるそうです。人は酸素が不足すると精神が不安定になりやすいため、呼吸に気をつけると、落ち着いていどむことができます。

しっかり空気を吐き出すと、自然と吸い込めます。空気を吐く方に意識を集中しましょう。

目を開く

人間は見えないものに、より強い恐怖を感じるようです。なるべく目を開けて気をしっかり保ちましょう。

赤ちゃんが産まれてくる様子を見るつもりで。

「赤ちゃんも小さいのに一生懸命頑張ってる!」と赤ちゃんを応援できると、更に一体感が増して感動的です。

おわりに

出産間近になると、いろいろと不安になると思います。

ネット上のネガティブ出産体験などを見てしまうと恐怖は増すばかりですよね。筆者は比較的安産だったため、人に話すほどのドラマティックな展開になりませんでした。

そんな感じで、安産の人はあまり情報を出していないのだと思います。不安な情報に暗くならず、出産を楽しんでください!!

(Photo by http://www.publicdomainpictures.net/view-image.php?image=15773&picture=&large=1

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る