生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 今までになかった高機能なツイッターボットを無料で作る方法

今までになかった高機能なツイッターボットを無料で作る方法

2014年08月31日更新

はじめに

ツイッターボット作成サービスを利用すれば簡単に自動で定期的につぶやくツイッターアカウントが作成できます。

いくつかプログラミングができなくても簡単にツイッターボットを作成するサービスが存在するのですが、

  • タイムラインリプライが有料
  • つぶやき元の変更が有料
  • つぶやきのテキスト登録数が限られている

だったりして、自作でプログラミングされたツイッターボットほど自由度が高くなかったり...。

しかし!それらも全て解決できるかもしれません。なんと「MAKEBOT」という無料でとっても高機能で使いやすいツイッターボット作成サービスがリリースされました。

いったい何が高機能かというと

  • タイムラインリプライが無料
  • つぶやき元の変更が無料
  • つぶやき登録数が2000件

などなど!

しかも高機能だからといって画面がごちゃごちゃしているなんてこともなく、初心者の方でも簡単にボットを作成することができます。

このレシピではそのMAKEBOTを利用して、無料で簡単に高機能なツイッターボットを作ってしまいたい。そんなあなたのわがままに答えてしまいます!

登録は10秒!

ではまずさっそく登録してみましょう。

用意するのはボットにしたいツイッターアカウントとメールアドレスだけです!

さっそくMAKEBOTにアクセスしてみましょう。http://makebot.sh

まずは「Twitterアカウントでログインする」をクリックしましょう。

つづいて「連携アプリを認証」をクリックしてください。

メールアドレスを入力・チェックボックスにチェックを入れて「登録する」ボタンをクリックしてください。

登録確認用のメールが届きますので、認証URLをクリックしてください。

以上で登録は終わりです!

チュートリアルで基本的な機能を知ろう!

登録確認ができたら、そのまま「ボット設定」ボタンを押して、チュートリアルで設定方法を学びましょう。

チュートリアルで設定した項目はチュートリアル後にいつでも変更することができます。
全ての項目を設定しなくとも次にステップに進むことができます。

ではチュートリアルを開始しましょう!

つぶやき設定

定期つぶやき・時間指定つぶやきの設定をしましょう。

定期つぶやき設定では、登録したテキストを指定した間隔・順番で定期的につぶやくことができます。

時間指定つぶやきでは、登録したテキストを毎週指定した曜日・時間でつぶやくことができます。

リプライ設定

次はリプライ設定をしましょう。

指定リプライとは、受け取ったリプライに指定したキーワードが含まれていた場合に用意しておいたテキストをリプライするという機能です。

例)「うるさい!」を受け取る ⇒ 「うるさくてごめんなさい...。」を返す

ランダムリプライとは、受け取ったリプライに(指定リプライで指定したキーワードが含まない場合に)予め登録しておいたテキストをランダムでリプライする機能です。

オプション設定

最後にオプション設定をしましょう!

夜間のつぶやきとは、0-7時の間にボットの機能を停止する設定です。夜間につぶやきすぎて目立ちすぎないようにすることができます。

フッターとは、つぶやきの文末に付ける文章の設定です。

これでチュートリアルは終わりです!お疲れ様でした。

チュートリアルではMAKEBOTのごく一部の機能の設定について説明しています。MAKEBOTにはまだまだたくさんの機能が用意されています。

次に、さらに便利な設定について説明していきます。

他にも便利な機能があります!

チュートリアルで説明した機能以外にも便利な機能が無料で使えるのでご紹介します。

タイムラインリプライ設定

タイムラインに流れているツイートの中に設定したキーワードがつぶやかれていると自動で反応してリプライを送ることができます。

多くのボット作成サービスでこの機能は有料のものとなっているので無料で使えるというのには驚きですね!

動作確認

動作確認機能では、つぶやき予定・つぶやきログを確認することができます。

つぶやきログではツイートに失敗していた場合、何が原因で失敗したのかが一目瞭然ですし、つぶやき予定ではリアルタイムで次のツイートまでの時間が確認できます。プロフェッショナルな管理が無料でできますね。

リプライシュミレーター

ここではリプライの動作テストを行うことができます。

設定がちゃんと動作しているか気になる場合はここで確認しましょう。

つぶやき元の設定

なんとつぶやき元の変更までできてしまいます。

つぶやき元とはここに表示されているどこからつぶやきをしたかという情報です。

なんとこれをこのように好きなものに変更することができます。

こんなことまで無料でできてしまうというのには驚きです。

詳しい設定方法はご利用ガイドに書かれています。

その他いろいろなオプション設定

他にも下記のような便利なオプションが用意されています。

  • 全リプライ機能のON/OFF
  • ランダムリプライ機能のON/OFF
  • タイムラインリプライのON/OFF
  • リプライ条件に比較順序 登録順/ランダム
  • 同じアカウントからリプライを複数回受け取った場合の時間・回数による制限
  • リプライするアカウント、しないアカウントの制限

等...

これだけあればボットに合った設定が無料で十分可能ですね。

変数も用意されています

例えば時間指定つぶやきで「今日は{month}月{day}日{adayoftheweek}曜日です!」と登録しておけば毎朝7時にその日の日付をつぶやくことができます。

変数についてはご利用ガイドで確認することができます。

おわりに

MAKEBOTはこれからも機能を追加していくようです。まだまだ便利な機能が出てくるといいですね。

MAKEBOTのツイッターアカウント@makebotshにリプライを送って気軽に質問に答えてくれたり、サポートをしてくれたりするのも魅力的です。

是非使いこなしていきましょう!

本記事は、2014年08月31日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る