生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. ANA国際線の飛行機に持ち込める手荷物をチェックする方法

ANA国際線の飛行機に持ち込める手荷物をチェックする方法

2013年10月17日更新

手荷物のルール(国際線編)

飛行機に乗る際に気になることの一つが、機内に持ち込める手荷物のサイズです。

どの程度の大きさ、重さの荷物までが持ち込めるのか、事前に確認し、空港で焦らないようにしましょう。

ここでは機内に持ち込める荷物のサイズとルールについて紹介します。

こちらはANAでのルールです。他の航空会社、提携会社のコードシェア便を利用する場合はルールが異なります。

機内持ち込み手荷物のサイズ

機内へ持ち込める手荷物は総重量10kg以内で、身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)のほか、下記の条件の手荷物1個のみです。

三辺の和が115cm(45インチ)以内で、W55×H40×D25cm(W22×H16×D10インチ)以内のもの。

サイズには付属品(キャスター・ハンドル等)を含みます。
大きさが規定内でも機内スペースには限りがあるので、どうしてもという場合以外には預けることをオススメします。

保安検査場で手荷物の大きさを確認します

手荷物検査機にサイズを確認するゲージを装着しています。

規定サイズを超える手荷物は保安検査ができません。持ち込み可能サイズを超える手荷物は保安検査場通過前にカウンターにて預けましょう。

機内への持ち込み制限のある手荷物はこちらで事前に確認しましょう。

機内に液体類を持ち込む方法とルール

飲みかけのペットボトルや制汗スプレー等、機内に持ち込みたいけど大丈夫なのか気になるものもありますよね。

液体類を持ち込むルールと持ち込み方は以下のようになっていますので、参考にしてください。

STEP1

あらゆる液体物、ジェル、エアゾール類等は、100ミリリットル以下の容器に入れてください。

飲料類、クリーム・ローション・オイル類、香水、スプレー、シャンプー類、シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール類、歯磨き粉等の練り状物、半固形物、その他同様の物を含みます。

密度の違いはありますが、100ミリリットル=100グラムと読み替えます。

100ミリリットルを超える容器に100ミリリットル以下の液体物が入っている場合でも不可となります。その場合は受託手荷物として預けましょう。

STEP2

それらの容器を容量1リットル以下、縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロック状)に余裕を持って入れましょう。

プラスチック製袋は自分で事前に用意しておきましょう。

STEP3

一人あたりの袋の数は1つのみです。透明プラスチック製袋はその他の手荷物とは別にして、手荷物検査場にて検査係員に提示しましょう。

機内で必要分の医薬品、ベビーミルクやベビーフード、特別な制限食等は透明のプラスチック製袋に入れなくても持ち込み可能です。
ただし、ベビーミルクやベビーフードは乳幼児客と一緒に搭乗する場合だけ可能です。
処方薬は、処方箋の写し、病名などが分かる医師の診断書類の提示を求められる場合があります。

機内でのルール

手荷物のルール

  • 手荷物は足元や膝の上には置けません。前の座席の下、または座席上の共用収納棚に収納しましょう。
  • 非常口に接している列の座席(非常口座席)、前に座席のない席(スクリーン前・隔壁前)も足元に手荷物は置けません。

手荷物の収納方法について

  • 手荷物は座席上の共用収納棚、または前の座席の下にはみ出さないように収納してください。
  • 座席上の棚に入れる場合は、棚を開けたときに中の手荷物が滑り落ちないように収納してください。

おわりに

国際線の手荷物のルールについて紹介しました。

それぞれの国や行き先によっても若干ルールが異なる場合があるので、心配な方は問い合わせることをオススメします。

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

旅行・おでかけ 記事ランキング

7月30日(水)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る