生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 正攻法!TOEICの点数の上げ方

正攻法!TOEICの点数の上げ方

2012年06月27日更新

はじめに

「TOEICの点数を上げないとな」と思っている人は多いはず。

今回は筆者がやってみて一番効果があったと思える点数アップの方法をご紹介します。筆者はこの方法で見事700点台から910点をマークすることができました。

単語を制するものはTOEICを制する

筆者は大学を卒業してはじめてTOEICを受けたとき、700点台でした。そこを900点台に持っていこうと決意し、TOEICの勉強を始めました。

そのなかでTOEIC攻略に一番役に立ったと思ったのは、単語を覚えたことでした。

「そんなまさか~」と思われるかもしれませんが、単語は文章を構成する一番小さな単位。ここにわからないことが多すぎると、文の意味がわからなくなってしまいます。

TOEICで取り上げられる単語は、会計、法務といったビジネスの専門から、娯楽といった、さまざまな分野におよびます。単語専門の書籍をひとつ購入しましょう。その際、単語がただランダムに並んでいるものよりも、分野別になっているものがおすすめです。

単語を覚えるコツ

分野別になっている単語問題集を一日1ページ進めて、覚えるまで何周もします。覚えられない単語は書き出して、トイレのドアに貼ったり付箋に書いて手帳に貼ったりします。ようは目に付くところに単語を置いておきます。覚えたら捨てます。

また、耳から覚えるのが得意な人は、英単語とその日本語を順に言って、単語を吹き込んだものをつくり、何度も聞くのも効果的です。

まず単語をおさえよう!

バランスよく勉強する時間を確保する

TOEICの点数は、勉強する時間の長さに比例して伸びます。100点上げたいとするなら、200時間の勉強時間が必要だといわれています。これは今あなたが300点台だったとしても、600点台だったとしても同じです。

TOEICの勉強をする中で、「聞く・読む・書く・(話す)」をバランスよく鍛えていきましょう。テキストについては、自分のレベルにあったものを用意。3ヶ月で10冊程度をこなすことを目安に勉強できればよいでしょう。1日約2時間の勉強時間を毎日ということになります。

成果がほしい人は、少なくともTOEICを受けると決めた3ヶ月前から本格的に勉強をがんばってください。筆者も3ヶ月くらい勉強して、狙ったとおりの点数が出ました。それより短いと成果が出ず、それより長いとモチベーションの持続に問題が出てきます。まずは3ヶ月やってみましょう。

バランスよく勉強するコツ

とはいえ、なにも机に向かっているだけがTOEICの勉強ではありません。発音の練習に英語の歌をカラオケで歌うことだって可能ですし、好きなハリウッド映画の字幕を隠して見ることだって大いに勉強になります。

テキストをやりこむのは重要なことですが、それだけでなく、生きた英語にも触れるようにすると飽きが来ないでしょう。どうせなら、目標に向かって楽しく勉強をしていけたらいいですよね。

一日にちょっとの時間でもいいから英語に触れる時間をつくるようにする。勉強を楽しむ工夫を!

模試は何回も解いて速さに慣れる

TOEICの難しいところは、本番でかなりのスピードを要求されるというところでしょう。問題の量が多いのです。そこであわてないためには、本番と同じように、時間を計って解答する練習を何度もすることです。

TOEICの模試に慣れるコツ

必要なものは以下のものです。

  • 時計
  • 模試問題
  • 模試問題の解答用紙(コピーしたもの)

本番と同じ条件で解くのが重要なので、時計は正確で、本番会場に持参するものを用意します。本番では、会場に時計がない場合があるので、時計は必ず持参します。実際、筆者が受けた会場にも時計はありませんでした。また、携帯電話を時計代わりに使うことは禁止されています

模試問題の解答用紙はコピーして使います。何度も解くために模試についている解答用紙には、直接書き込まないようにします。

用意ができたら、9:00などきりのいい時間を見計らってはじめます。模試のリスニングからはじめてください。リスニングのセクションが終わったら、リーディングに進んでください。リスニングセクションは45分。リーディングセクションは75分です。制限時間がいっぱいになったら、途中でもやめてください。そのあと採点します。

家族や子どもに途中で邪魔をされては困るので、あらかじめ「TOEICの模試をやるから話しかけないで」と言って自室にこもるか、子どもが寝ている間や学校に行っている間にやるなど、試験時間を確実に確保できる環境をもうけましょう。

スピードに慣れる訓練をする!

おわりに

「TOEICの勉強をずっとしているのだけれど、点数が伸びない」「もうやめたい」と思っているなら、もしかしたら、自分のレベルに合わない勉強をしていたり、勉強方法に問題があったりするのかもしれません。そういう人は、一度自分の勉強を見直してみましょう。

また、実力には、力が伸びる時期と踊り場の時期があります。たとえ牛歩の歩みであっても、あきらめないで勉強を続けてください。

TOEICを制するというあなたの夢へ向かってGO!

(Photo by 著者)

本記事は、2012年06月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る