生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 失恋から素早く立ちなおる「ポエマー女子」になる方法

失恋から素早く立ちなおる「ポエマー女子」になる方法

2012年07月30日更新

ポエマー女子とは?

なにげない毎日がポエムに脳内変換されてしまう女の子、それが「ポエマー女子」です。ポエマー女子は感情に流されやすそうなイメージがありますが、激しい感情の起伏が起こるようなイベントに対しては意外にも冷静です。

ポエマー女子の日常

ポエマー女子は、公開するか否かに関わらず日常的に思いついたポエムを書き溜める習性があります。最近は紙ではなくevernoteなどを駆使して、家でも携帯でもいつでも同じ場所に書き溜められるようにしていたりします。

特に悲しいことや困難なことが起きた時に、まずその辛さに酔いしれ、「私は私の歩幅で歩くしかない。」などと、自分を奮いたたせるような言葉をevernoteに書き込み、自分の言葉を何度も眺めてさらに酔いしれるのです。

そうやって自分の言葉を見ているうちに、「私いいこと言うなぁ」とか「クリエイティブな表現のためにはネガティブな経験も必要だ」などと感じるようになり、おおもとの辛さはどうでも良くなってしまいます。

そうしてまた一つ強さを身につけてしまう…それがポエマー女子なのです。

ポエマー女子に学ぶ失恋した時の対処法

STEP1:「この失恋を題材に歌詞を書く」というテーマで適当に言葉を書き連ねる

ポエムを書くときは「自分の設定」がとても大切です。ただ「今の気持ちを言葉にする」のではなく、「最近経験した失恋を題材に歌詞になりそうな言い回しをまとめている」というアーティストになったつもりで書きましょう。

STEP2:曲っぽく体裁を整える

この時の気分もあくまで「売れっ子歌手が次にリリースする曲の歌詞を書いている」という感じです。自分のイメージする歌手像に合わせて、言葉をしっかり曲っぽくまとめましょう。

曲っぽく仕上げるポイントは「ひとまとまりの文字数を合わせる」「語尾の韻を踏む」などが挙げられます。具体的なメロディを浮かべながら書くと、より歌手っぽくてGOOD!

STEP3:出来上がった歌詞を何度も読み返し、自分に酔いしれる

出来上がった歌詞はノートかevernoteに保存し、何度も読み返します。その切なくも美しい言葉に、何度も酔いしれましょう。

こうしている間に、失恋のもともとの辛さはいつのまにかどうでも良くなってしまうはずです。

なぜポエムを書くと失恋から立ちなおれるのか

気持ちを整理し、失恋を客観的に見られるようになる

「ポエムを書く」という行為を通して、自分の中での辛さの原因や、どう前向きに捉えるかなどがうまく整理することができます。それを文字化して自分から切り離すことで、失恋を「過去のできごと」として客観的に、冷静に見ることができるようになるのです。

例えば「日記を書く」ということも悪くないのですが、迷いをそのままグダグダと書き連ねると逆効果だと思います。ポエムのように「美しい表現にまとめようとすること」が、客観視するためのキーポイントなのだと考えられます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
皆さんもぜひポエマー女子になって、辛いことからいち早く立ちなおりましょう!

(photo by http://www.ashinari.com/2012/02/23-358044.php?category=404

本記事は、2012年07月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

恋愛 記事ランキング

10月20日(月)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る