生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. Windows DVDメーカーでDVDを作成する方法

Windows DVDメーカーでDVDを作成する方法

2012年08月01日更新

Windows DVDメーカーでDVDを作成

DVD作成はポイントさえ押さえれば意外と簡単です。

自分が編集したムービーがテレビの画面で流れるのは、意外とワクワクするものです。

手順をご紹介しますのでぜひチャレンジしてくださいね。

ご紹介するキャプチャ画面はWindows7のものです

用意するもの

  • 動画のファイル
  • Windows DVDメーカー(Windows Vista以降にインストールされています)
  • DVD-R もしくは DVD-RW

DVD-Rに一度書き込んだデータは消せません。

DVD-RWは書き込んだデータを消して再利用することができます。

メーカーや性能が同じであれば、お値段はDVD-RWの方が若干お高いようです。

筆者はテスト用にまずDVD-RW、気に入ったものができあがったらDVD-Rに焼く(ディスクにデータを書き込むこと)ようにしています。

やり方

STEP1:DVDメーカーを起動する

スタートメニューの中に「Windows DVD メーカー」という名前があります。

起動すると「デジタルデータのビデオや写真からDVDを作成」の画面が出ますので「写真とビデオの選択」をクリックすると、「画像とビデオのDVDへの追加」の画面になります。

設定によっては、最初から「画像とビデオのDVDへの追加」 の画面が出ます。

STEP2:動画を追加する

左上にある「項目の追加」をクリックすると、ファイルを選択する画面が表示されます。

DVDに入れたい動画ファイルを選んで「追加」をクリックすると、追加したものがリストに表示されます。

「DVDタイトル」には自動で日付が入りますが、お好みで変更してください。

STEP3:DVDの基本設定

次の画面に進む前に、右下に小さく表示されている「オプション」をクリックしてください。

  • DVDの再生設定・・・DVDをプレーヤーに入れたとき、最初に何を表示させたいかを選びます。
  • DVDの縦横比・・・横長TVなら16:9、昔ながらのTVなら4:3です。
  • ビデオ形式・・・日本で視聴するDVDならNTSCのままでOKです。
  • DVDの書き込み速度・・・「最速」で問題ない場合がほとんどですが、書き込みでエラーが続くときはスピードを落としてみてください。

これらの項目を作りたいDVDに合わせて変更したら、「OK」をクリックして設定画面を閉じ、さらに「次へ」をクリックします。

STEP4:メニュー画面の編集

左上にある「プレビュー」をクリックすると、実際に作成されるのと同じ画面を確認できます。

メニューを変更したければ「OK」でプレビューを閉じ、「メニューのスタイル」を変更します。

さらに細かい変更は、プレビューの右に並んでいる3つのボタンをクリックします。

自動作成されたものが気に入れば、省略しSTEP5に進んでください。
変更内容はプレビューで確認できますので、いろいろと試してみると楽しいですよ。

STEP5:ディスク作成

プレビューで満足のいくものができていたら、PCのドライブに空のディスクを入れ、「書き込み」をクリックします。

あとは「エンコード中」の横の数字が100%になれば完成です!

データが書き込まれているDVD-RWをセットすると「上書きしていいですか」と確認のメッセージが表示されますので、書き換えていいディスクならば「はい」を押してください。

おわりに

うまくできたでしょうか?

途中でエラーになったり完成DVDが正常に再生できないときは、こちらを参照してみてください。

(Capture by 著者)

本記事は、2012年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る