生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. Photoshopで自由変形を行う方法

Photoshopで自由変形を行う方法

2013年10月29日更新

はじめに

画像の拡大・縮小や回転、ゆがみなどが自由に調整できるのが、「自由変形」。覚えると簡単に画像が編集できます。

「Windows7(Home Edition)」「Photoshop CS5.1」を使用しています。

自由変形のやりかた

STEP1:画像を開き、レイヤーに変更

画像ファイルを開きます。

「背景」レイヤーをダブルクリックして、このダイアログボックスがでたらOKを押します。

STEP2:自由変形を選択

レイヤーメニューから「自由変形」を選択します。
また、ショートカットキーも有効です。

Winの場合は「Ctrl+T」
Macの場合は「Command+T」

これで、メニューと同様の操作ができます。

STEP3:画像を変更する

画像にバウンディングボックスが現れます。角や辺をマウスでドラッグすれば、自由に変形ができます。

覚えておくと便利なキーコマンド

自由変形をする時、いくつかのキーを押しっぱなしすると画像の形をより変えやすくなります。

Shiftキーを押しながら自由変形で「縦横比を固定」

Ctrlキー(Macの場合はCommandキー)を押しながら自由変形で 「ゆがみ・遠近法」のような効果

Altキー(Macの場合はOptionキー)では押しながら自由変形で 伸縮や画像反転

おわりに

いかがでしたか?自由変形は覚えておくと便利なコマンドです。是非、ショートカットを覚えて使ってみてくださいね。

(Photo by 著者)

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る