生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 初心者向け!百人一首を覚える方法

初心者向け!百人一首を覚える方法

はじめに

筆者は中学時代に学校の百人一首大会で学年1位になったことがあります。最近競技かるたの漫画を読み、また覚え直したいと思っています。

そこで、筆者が実践している百人一首の覚え方をご紹介します。

基本の覚え方

百人一首は上の句・下の句からなります。競技かるたでは上の句(5・7・5)を詠みあげ下の句(7・7)をとります。そのため「上の句の始まりを聞いて下の句をとる」ことが必要です。

「上の句をここまで読んだら下の句が特定される」という文字数を「決まり字」と言います。

村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

「む」で始まる歌は1つだけなので1文字で下の句が決まります。これを「1字決まり」と呼びます。「2字決まり」「3字決まり」もあります。

一枚札、二枚札という呼び方もあります

覚えるポイント3つ

1:決まり字で覚える

1字決まりは「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」で始まる7首。「村雨~」の歌は「む―きり」と覚えます。少ない決まり字から覚えるのがポイントです。

単語帳の裏表に上の句・下の句を書いておくと、通勤・通学中、お風呂の中など、空いた時間に覚えられます。暗記用の百人一首表もあると便利です。

2:対戦形式で覚える

ある程度覚えたら、確認も兼ねて対戦してみましょう。対戦ゲームのできるサイトもあります。

3:イメージで覚える

100首の中には覚えにくい札もあります。ごろ合わせもよいですが、歌の情景やイメージを使って覚える方法もあります。

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木

この2首は同じ「朝ぼらけ」で始まるので覚えにくいです。

筆者は上の歌を「夜明けに吉野の鹿が「あ」と空を見上げる」、下の歌を「宇治川のほとりで霧の中から木があらわれる」とイメージしています。

おわりに

百人一首の世界は、はまると面白いです。自分のお気に入りの歌も見つかると思います。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(Photo by 著者)

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る