生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自分でやれば最大18,000円お得!初めてESTA(エスタ)を申請・取得する方法

自分でやれば最大18,000円お得!初めてESTA(エスタ)を申請・取得する方法

2015年01月16日更新

 views

お気に入り

ビザを申請せずにアメリカに行く場合、パスポートのほかに「ESTA(エスタ)」の申請が必要です。よくわからないから代行業者に頼んじゃえ、という人も多いかと思いますが、手数料も込みで5,000~8,000円ほどかかることが多く、意外に痛い出費です。

しかし、自分でESTAを申請すれば、手数料の14ドルだけで済んじゃうのをご存じですか?申請はとっても簡単で、5分で終わります。関東の平均時給(1,563円)×5分とすると、申請にかかる費用は約130円。14ドル+130円=約2,000円ほどでESTAが申請できるんです!高いところではESTAの申請代行に2万円かかる業者もありますので、最大で18,000円ほどお得になる可能性があります。

こちらの記事では、ESTAの具体的な申請方法の詳細をご紹介いたします。節約したお金を使って、アメリカで思いっきり楽しみましょう!

ESTAって何?という方は、以下の記事をご覧ください。
ESTA(エスタ)とは?アメリカ旅行前の必須手続きESTAの基礎地域

なお、申請する場合はインターネットブラウザはWindows Internet Explorerを使用しましょう。Firefox や Google Chrom では申請途中一部動かない箇所が出ました。

それでは以下、ESTAの申請方法です。

STEP1: ESTA申請ページにいきます

パソコンを使い、インターネットができる環境で上記のESTA申請ページにいきます。

STEP2: 初めての人はページ左側から進みます

初めて申請する人は、このページの左側から進みます。

更新の人は右側から進みます

ESTA更新の人は右側から進んでください。

STEP3: 確認後、「次へ」をクリック

STEP4: 確認後、「次へ」をクリック

STEP5: 必要情報を英語で入力していきます

「J」を押すと「Japan」が簡単に探すことができます

「*」以外は入力しなくてOKです

STEP6: 必要項目にチェックを入れ「次へ」

STEP7: 必要情報を入力し、「次へ」

STEP8: 申請番号を取得しました!

STEP9: 支払いをしていきます

STEP10: クレジットカード情報を入力していきます

英語での住所の書き方はこちらを参考にしてください→「- エアメールの宛名の書き方

STEP11: 支払い完了です

印刷して持っていくことを推奨されているので、印刷しましょう。

STEP12: プリントアウトし、申請が全て完了しました

これで全てのステップが完了しました。プリントアウトしたものは、パスポートと一緒に大切に保持して旅行しましょう!

これでもうまくいかない方やブラウザ非対応の方・ほかの支払い方法をご検討中の方は外部サービス- ESTA ASIA エスタ手続きセンターなどのサービスをご利用することをおすすめ致します。

(image by PresenPic)

本記事は、2015年01月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る