生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 美容師が教える、髪がまとまる乾かし方

美容師が教える、髪がまとまる乾かし方

2013年10月29日更新

はじめに

美容室で乾かしてもらったときはまとまってたのに、自分で乾かしたらうまくいかない!…なんてことありませんか?

今回はお家で簡単にできる乾かし方のポイントを、いくつか書いてみました。

美容師が教える、髪がまとまる乾かすポイント

1: お風呂からあがったら、すぐに乾かす

濡れたまま時間がたつとクセが出てくるので、それから乾かしてもなかなかおさまりません。

他のことをする前にまずドライヤーを。

2: 乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつける

しっかりタオルドライをした後、洗い流さないトリートメントをつけて乾かしましょう。髪に水分を閉じ込めてくれるのでおさまりが良くなりますし、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

3: まずは前髪から

前髪の切り方によっては乾きやすく特にクセがでやすい部分なので、最初に前髪を乾かしましょう。

4: 下を向いて、根元を中心に

次は全体の根元を乾かしましょう。下を向いて、頭の上からドライヤーの風を当てます。

上から下に風を当てることによってキューティクルが整うので、ツヤが出るしまとまりやすくなります。

えりあしや耳の後ろは意外と乾きにくいところなので、注意です。

5: 乾いたと思ってからも、しばらくはドライヤーを当てる

根元が乾いたら、だいたい毛先の方もあとちょっとで乾く、というぐらいになっているはずです。そこですぐにやめてはいけません!

完全には乾いていないことが多く、時間がたつとクセが出てきます。

さいごに

髪型によってその日の気分が左右されたりしますよね?簡単なので、ぜひ試してみてください。

また美容室のドライヤーは風圧が強いので、早く乾くし傷みにくいです。なかなか乾かないなぁと思う方は、業務用ドライヤーに変えてみるのもオススメです。

どんなに小さな髪の悩みでも、気になることがあったらぜひ美容室に行った際に聞いてみてくださいね。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/4000206084/)

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

美容・ビューティ 記事ランキング

7月28日(月)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る