生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. iPhoneがフリーズした時の対処法と予防策

iPhoneがフリーズした時の対処法と予防策

2012年11月13日更新

iPhoneがフリーズしてしまった経験はありませんか?

そんなときのための対処法と、フリーズしないようにするためにはどうすればよいのかをご紹介します!

筆者の使用機種

iPhone4、iOSのバージョンは5.1.1です。

これから紹介する方法はiPhone4または4Sでの動作は確認していますが、それ以外の機種ではきちんと対処できない場合もあるので注意してください。

フリーズした時の対処法

方法1:電源を切る

まず、iPhone上部にあるスリープボタンを長押しします。

赤い電源バーが画面に表示されたら右にスライドしましょう。

これで電源が消えます。

方法2:再起動をする

上記の方法でも電源が切れない場合や、画面をタッチしても反応がない場合に試してみてください。

まず、スリープボタンホームボタンを同時に長押しします。
何秒かたつと電源がきれ、すぐにアップルのロゴが表示されます。

これで再起動が完了します。

フリーズしないために

iPhoneがフリーズする原因の一つはiPhoneが重いということにあります。

常に軽い状態にしておき、動作がスムーズに行えるようにしておきましょう。

バックグラウンドアプリ削除の方法

ホームボタンをすばやく2回連続で押します

すると画面の下部にアプリのアイコンが現れるので、それを長くタッチしてアイコンがグラグラと揺れる状態になったら、アイコンの左上の赤いボタンを押して、バックグラウンドで動作しているアプリを削除しましょう。

この方法を行うことによってアプリ自体が削除されることはありません。

おわりに

私も前までよくアプリでゲームをしている時などフリーズして困っていましたが、バックグラウンドアプリの削除をすることで動作が軽くなり、フリーズしにくくなりました。

アプリを起動したらバックグラウンドアプリを削除するというのを習慣にすると良いかもしれません。

みなさんも困ったときはぜひこの方法を試してみてください!

(Photo by iPhoneで電話をする女性-無料者新素材PAKUTASO/ぱくたそ

本記事は、2012年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

スマホ・携帯 記事ランキング

10月31日(金)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る