生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 就職活動の面接で「伝わる」自己PRをする方法

就職活動の面接で「伝わる」自己PRをする方法

2014年11月12日更新

 views

お気に入り

就活(就職活動)において志望理由などと並んでよく聞かれる設問が「自己PR(自己アピール)」です。エントリーシートや履歴書に書いて提出しなければならなかったり、面接でもよく聞かれます。

しかし多くの人が自己PRで失敗してしまうようです。自己PRは自己紹介ではいけません。ただ「何をしたか」を淡々と並べるのでは、あなたの魅力は面接官や採用担当の方には伝わりません。

ここでは、自己PRのコツやポイント、実際によくされる質問から答えの例文まで幅広くご紹介します!

ぜひ面接だけでなく書き方の参考にもしてみてください。

面接対策のこの記事を読んでいる方は下記の記事もおすすめです!
もう噛まない!とにかく滑舌がよくなる記事

あなたの話、伝わってる?

面接官に聞くと、よくあるダメなケースとして「何いってるかわからない」があげられるそうです。

「内容がいけないから落ちた」「たいした実績がないから内定がとれなかった」と思ってしまいがちですが、実は「この人が何を言いたいのかわからない」ケースが多いのです。

伝わっていない理由としては

  • 質問に答えていない(無理にしゃべろうとしている)
  • 論理的な話し方になっていない(ただ漫然としゃべっている)

があげられます。

学生時代には、論理的でしゃべる必要があるシーンが少ないため、なれていない人が多くいます。そのため自己PRでもうまく内容を伝えることができないのです。

自己PRの内容は?

何をやったかのみを答える

自己PRとは一言でいうと「過去に自分が何をやったか」のことになります。未来のことをいってはいけません。また、実行していない単なる思いをいってもいけません。あくまで「何をやったか」になります。

小さな出来事でも気にしない

別に華やかな結果がなくても大丈夫です。むしろ、その行為によって自分がどう成長したかを答えられるほうが重要です。

嘘はつかない

なぜか面接では嘘をつく人が多いのですが、割と見破られています。もちろん「それ嘘でしょ?」と聞きはしませんが、「リアリティがない」と判断されてしまうことがあります。

正直に答えるのが一番です。

答えることは一種類だけにする

ここでは絶対に、一つのことだけを伝えるようにしましょう。

あれもこれも、は絶対にNGです。人はそんなに覚えられません。たった一つのことだけをきちんと伝える、ということを目指しましょう。

しぼれないよ、という人は、せめて大項目だけは統一しましょう。「バスケサークルも頑張ったし、マクドナルドのバイトも頑張った」ではなく

「サークルやバイトを通じて、いかにメンバーの能力をうまく活用するかを頑張った」

というようにです。

質問のされ方と、答え方

どういう風に質問される?

だいたい、以下のような質問のされ方が多いです。

  • 大学時代に一番頑張ったことはなんですか?
  • あなたが自慢できることは何ですか?
  • 得意なことを教えてください。
  • 自己PRを話してください。

すべて答えは同じです。あなたが今まで何をやってきたかを話せばいいのです。スキルではありません。

どういう順番で答える?

答える順番は、「結論→計画→実行→検証→実行→結果」になります。

これはどういうことかというと、

  • 何を頑張ったかを結論としい
  • どういう計画をしたかを伝え
  • どう実行したかを伝えて
  • (その結果をふまえて)どう計画しなおしたか聞いて
  • 改善した計画をどう実行したか伝えて
  • どう成功したかを伝える

という順番でしゃべるというものです。

実際の答え方

実際の例を見ながら確かめてみましょう。

結論

まずは結論からしゃべりましょう。

ここでのポイントは「一言で終わらせる」です。時間にして5秒未満で伝えるとわかりやすく感じます。

「私が大学時代に一番頑張ったことは、バスケットのサークルの都大会で優勝したことです。」

のような形です。

たとえば「私は、大学時代の新入生歓迎会でたまたまいったバスケットサークルに入ったのですが、そこで1年目の時に○○をしており、そのあと××になり、3年生のときは幹事長になったのですが、そこでうんちゃら」のように、出来事を時系列に話してしまうと、何をいいたいのかわからなくなってしまうので注意です。

計画

次は計画です。何を目標としたかをきちんと伝えましょう。

「私が3年になったときに、サークルの目標として都大会優勝を目指しました。当時、メンバーの能力は高かったのですが、チーム内の連携ができていなかったため、試合で勝てないことが多いという状態でした。そこで私は、チームプレイを徹底して練習することで試合に勝てるチームを作ろうと思いました。チームプレイがうまくいかないのは、連携の練習が不足していると考えたのです。」

実行

次に実行です。ここでは数字や客観的事実を入れ込むことで想像しやすくするのがポイントです。

「そこで、練習時間の3割をチーム内でのパス回しに費やしました。また、週に1回、練習試合を入れることで、そのパス回しが実践でどのように使えるかを徹底的に見ました。」

計画

次にまた計画を話します。1回目の計画と違うのは、実際に実行してみてどこが問題だったか、というところを踏まえて計画を話します。

しかし、3ヶ月練習を費やしてもあまり成果はでませんでした。もっと根本的な問題があるのではないかと、メンバー一人一人と2時間づつ面談をしたところ、実はメンバーのポジションに対する違和感が大きくありました。自分が得意ではないと思っているポジションをやっていたため、モチベーションが低く、それが悪い成果につながっていました。」

実行

「チームのポジションは客観的に見てもベストだったため、メンバーの意識を変えようと、私は再度メンバー全員と一人一人話し、なぜそのポジションなのか、というところを詳しく伝えました。納得してくれないメンバーには何日もかけて伝えました。」

結果

そして、改善した結果を伝えましょう。また何を得たかも最後に付け加えるのが重要です。

「その結果、メンバーが自信をもって自分のポジションに徹するようになり、チーム内での連携が抜群によくなりました。その結果、都大会で初の優勝をすることができました。この経験を通じ、能力を発揮するためには、各メンバーがどのように考え、どう行動しているかを把握するのが重要だと思いました。」

おわりに

いかがでしたでしょうか?このように伝えたいこととポイントを押さえることによって、自分がアピールしたい自己PRがより伝わりやすくなります。

なかなか内定が決まらない、エントリーシートが書けない、などつらいことも多い就活ですが、ぜひ諦めずに頑張ってください。

(photo by PresenPic)

本記事は、2014年11月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る