生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 初心者にオススメ!育てやすいハーブ5選

初心者にオススメ!育てやすいハーブ5選

2014年06月26日更新

はじめに

筆者も結婚するまでサボテンすら枯らすガーデニング初心者でした。(実際はサボテン栽培は難しいと気づきましたが)初心者でも始められるハーブをご紹介します。

初心者にオススメの育てやすいハーブ5選

植物には何年も育つ多年草と、1年で枯れる1年草(もしくは2年草)があります。枯らせてしまったとおもっていたものが1年草だった。なんてこともあるとおもいます。

1:ローズマリー(多年草)

お料理にも使いやすいローズマリーはとても丈夫です。枝1本あれば、根を生やし増えます。筆者もハーブ料理に添えられていたローズマリーを持ち帰り、コップに入れた水の中に入れて増やした経験があります。

春秋にブルーや白の小さな花を咲かせます。

2:ペパーミント(多年草)

ペパーミントは、ハーブティー、サラダにしても美味しい爽やかな香りが特徴のハーブです。ペパーミントも簡単に増えます。近所に育てている人がいれば、枝を一本もらって、水につけておけば、数日で根がでてきます。

ペパーミントは根を横にどんどん伸ばして増えていきます。他の苗と寄せ植えしている場合、ペパーミントの根が増えて、他の植物の成長を邪魔して枯らせてしまう場合があります。単独で植えた方がオススメです。

3:ラベンダー(多年草)

初夏に紫色のかわいい花を咲かせて楽しませてくれるラベンダー。蕾からはリラックス作用のある香りが漂います。

ハーブティーとして、またポプリやサシェの材料にも使えます。水をあげすぎることにより枯らせてしまうことがあります。

ラベンダーは、湿気のない乾燥している土が好きです。

4:ローズゼラニウム(多年草)

園芸用のゼラニウムとは別品種のローズゼラニウムもとても丈夫です。蚊が嫌がる香りがすることから(蚊蓮草)とも呼ばれ、庭に植えられていることも多いです。

ローズゼラニウムも葉が1枚あれば、根付き、大きくなります。ハーバルバスやお菓子の材料にも使えます。

5:バジル(1年草)

今回ご紹介する中で唯一の1年草です。爽やかな香りが食欲をそそるバジル。ピザやパスタ、サラダなど大活躍します。

たくさん収穫できたらジェノベーゼソースを作って保存するのがオススメです。初夏に種まきし、葉が増えたら、摘芯して、枝を増やします。

花を咲かせてしまうと葉が硬くなるので、食べている間は蕾を摘み取って咲かせない方がよいでしょう

秋も近くなった頃の蕾は花を咲かせて、種を収穫します。

次の春まで種を保存して、来年のお楽しみにしましょう。

おわりに

ハーブは育てるだけでなく、食べることができるので、育てたあとの楽しみも魅力の一つです。ラベンダー、ローズマリーと一言で言っても品種は数多くありますので、いろいろな品種にチャレンジするのも楽しいです。

(photo by 足成)

本記事は、2014年06月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る