生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. シルバーアクセサリーを変色しないように保管する方法

シルバーアクセサリーを変色しないように保管する方法

2013年10月17日更新

はじめに

どうしても変色しやすいシルバーアクセサリー。よく身につけていればあまり変色しないものですが、しばらく使っていなかったりすると茶色くなっていて驚くこともしばしば。

その度にせっかくお手入れしてもすぐ変色してしまっては手入れも大変になってしまいます。コレクションが多ければなおさらですよね。ここでは、変色しないように保管する方法をご紹介したいと思います。

変色しない保存方法

シルバーのアクセサリーをしたまま温泉に入ると、一気にシルバーが変色した経験はありませんか。変色は、シルバーが「硫化」することにより起こります。そこで、なるべく硫化しない方法をとります。

チャック付きの袋に入れて保存する

文房具屋さんや100円ショップにも売っている「チャック付き袋」を使います。大きさもいろいろあるので、アクセサリーの大きさに合わせて使えて便利です。

できるだけ空気に触れさせない事がポイントなので、中の空気を抜いてください。真空に近い状態で保存するのが理想です。

ラップにくるむ

上記と同じ発想ですが、ラップにくるんで空気に触れないようにします。この場合も密閉状態にくるんでください。

変色防止剤を使う

市販のシルバー用変色防止剤を使います。一度使えば半年から一年は変色を防止するものもあります。

また、研磨剤や研磨クロスの中に初めから変色防止剤が含まれている場合もありますので、使用する際や購入する際は確認してみてください。

ロジウムコーティングする

アクセサリー自体にロジウムをコーティング(いわゆるメッキ)して、硫化させなくします。アクセサリーショップなどでやってくれるところがあります。

ただし、本来の銀の風合いはなくなり、つやつやピカピカな感じになります。絶対に傷をつけたくないような、大事なものにはいいかもしれません。

ロジウムが剥げた場合やサイズを直す時には再コーティングしなければなりません。その場合はまた費用がかかりますので、よく考えてからやるようにしましょう。

さいごに

大切な人からいただいたものは特に大事にして使いたいものです。是非上記の保管方法を実践して、いつまでも長く愛せるアクセサリーを増やしていきましょう。

▼シルバーアクセサリーのお手入れ方法についてはこちらをご覧ください。
シルバーアクセサリーの手入れ方法

本記事は、2013年10月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る