生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. セロトニンを増やす食べ物で心を落ち着かせる方法

セロトニンを増やす食べ物で心を落ち着かせる方法

2012年07月03日更新

参考:『うつは自分で治せる』-この献立とレシピがうつ症状を改善する-精神科医 渡部 芳徳(著)/ 主婦の友社(刊)
うつは自分で治せる―薬だけでは治らない この献立とレシピがうつ症状を改善する

先に掲載しました『脳からストレスを消す技術』~セロトニンと涙が人生を変える~に書きましたとおり、ストレスを消すにはセロトニンを活性化させることが重要です。

今回ご紹介する本は

  • 1: うつ病とはどんな病気か
  • 2: うつは食事で完全できる
  • 3: うつに効くレシピと献立

について書かれている非常に有益な本です。

心を落ち着かせるセロトニンを増やす食べ物

薬の服用だけで治らないうつの方はもとより、ストレスが溜まって心が弱っている方、やる気の出ない方等に、食事でセロトニンを増やし改善しましょう。

食事の偏り、栄養素不足は、心身共にダメージを与えます。

脳にバランスのいい食事を特にセロトニンを生成する食べ物に留意しましょう。

セロトニンのもとになる原料はトリプトファンでアミノ酸の一種です。

生物の源となる重要な成分タンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

トリプトファンを多く含んでいる食品

バナナ、牛乳・乳製品、卵黄、落花生、ナッツ類、大豆製品、のり、赤身の魚(まぐろ、かつお)、ごま等

セロトニンはトリプトファン単独では作られず、ビタミンB群、マグネシウムなどと一緒に脳内でセトロニンを作ります。

朝食にタンパク質を取ることが重要

牛乳、卵、牛肉、豚肉、鶏肉、あじ、さんま、ぶり、ししゃも、豆腐、豆乳、納豆、みそ、チーズ、ヨーグルト

食材選び

主食

ギャバ(GABA)を多く含も発芽玄米を米飯に2割程混ぜる

いわし、さんま、あじ、さばなどの青魚(DHA、EPA、n-3系の脂肪酸が多い)

野菜

赤・青・黄・茶などバランスよくとる。

果物

みかん、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ

油脂

サフラワー油、ひまわり油、綿実油、大豆油、オリーブ油等

ナッツ類

豆類

発酵食品

ヨーグルト、チーズ、キムチ

おわりに

上記に挙げた食材をとり、セロトニンを増やすように心がけて下さい。

セロトニンを増やす事で、ストレスが消え、心を落ち着かせる事が出来ますよ。

本記事は、2012年07月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る