生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 女性へ好意を伝える上手な褒め方

女性へ好意を伝える上手な褒め方

2012年02月06日更新

はじめに

気になる相手がいるとき、近づくためにあなたはまず何をしますか?当然話しかけることから始めるでしょう。

しかし単にたくさんしゃべればいいというわけではありません。そこで、効果的なのが相手を褒めることです。

無駄にたくさんしゃべれば不自然ですし、だからといって褒めるばかりでは不振に思われてしまいそう。無理なく、自然に相手のいいところを見つけてあげればいいのです。

Photo by http://www.ashinari.com/2007/11/12-003448.php?category=48

自然に相手を褒める3つのステップ

 1.相手のいいところを見つける

見た目だけでなく、性格などにおいてもいいところを見つけましょう。うまく言葉で言えなくても、あなたは見た目だけでない何かにも惹かれているはずです。

相手を見ることからはじめましょう。そうすることで、いままで気付けなった自分にも気付けるかも。

 2.見た目を褒める

服、髪型、化粧…見た目に関することがたくさんありますが、女性のこだわりを無理に理解する必要はないです。あなたが素敵だな、と思ったその心に意味があるからです。

以下、褒める際の注意すべき点

可愛いね といわないこと

なぜかといえばストレートすぎます。2人だけの時ならぐっときますが数人でいるときはアウトです。

褒めたい箇所について質問・コメントする

たとえば、服装が可愛いと思ったら「いつもとちがうね」といってみたり、「そのスカート前にも着てたっけ?」と聞いてみたり。そこが気になってる=可愛いねというメッセージになります。

これくらいなら恥ずかしがらず言えそうではないでしょうか。がんばって言ってみましょう。女性は敏感なのでこのたった一言を覚えていたりします。

 3.内面を褒める

少し難しいかもしれません。ですが、誰にでもできることではないので、その分印象に残ります。

できるだけ少人数で会話する機会を作る

少人数の方が距離が近いからです。その際会話の内容を、相手が何かに取り組んでいることに向けましょう。そうすると課題に対する姿勢・人柄がお互い見えてくるはずです。

会話の中で褒める

前もって素敵だなと思った相手の内面について、会話をしているときに自然に褒めるのがポイントです。

会話中にさりげなく「そういうところが偉いよね」などと言ってあげるといいでしょう。あなたのこんな素敵なところを、自分はちゃんと認めています、とメッセージを送るつもりで。

おわりに

相手を褒める、というのは何も男女間だけでなく、友人関係・職場関係を良好にする上でも大切なことです。

褒めるという行為は、相手だけでなく自分にとってもプラスの側面があります。相手の人間性を受け取ることができた、これもまた自分の立派な人間性ですよね。

気になるあの人と素敵な時間を過ごすためにも、褒め上手を目指しましょう!
Photo by http://www.ashinari.com/2010/10/20-341360.php

本記事は、2012年02月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る