生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. 「JustGiving」でどんなチャレンジをしたらいいかを考えるポイント

「JustGiving」でどんなチャレンジをしたらいいかを考えるポイント

2013年10月29日更新

はじめに

英国発、世界最大級のオンライン・ファンドレイジング・プラットフォーム「JustGiving」を活用して、あなたもファンドレイジングをしてみませんか?

マラソン、禁煙、ダイエット・・・。応援したい非営利団体は決まっているんだけど、どんなチャレンジをすればいいかわからない、とお困りの方も多いはず。ここではチャレンジ登録するときのヒントをお伝えします。

JustGivingって何?という人はこちらから

ポイント1 - もともと予定しているチャレンジ

「3ヶ月後のマラソン大会に出場する予定になっている」、「正月にたてた今年の目標はTOEICで700点を取ることだった」、「そろそろダイエットしなきゃと思っていた」

非営利団体のためにわざわざ新しいチャレンジを始めるのもいいのですが、このようにもともとは「自分のためにやろう」と思っていたチャレンジが、「誰かのために役立つかも」と考えると、チャレンジが一層楽しくなります。

ポイント2 - あなたにとって困難なチャレンジ

「嫌いな牛乳を1週間毎朝飲む」、「100メートルを泳ぐ」、「3ヶ月間禁煙をする」

こういったチャレンジは、確かに世間が驚くようなものではありませんが、あなたにとっては大変な努力や苦労を必要とすることかもしれません。

あなたに寄付をしてくれるのは基本的にお友達、ご家族、会社の同僚ですので、たとえ世間は驚かなくても、お友達が「それは大変だろうな」と感じてくれたらきっと応援と寄付は集まるでしょう。

ポイント3 - 世間が驚くチャレンジ

「ギネスブックに載る」、「オリンピックで金メダルを取る」、「歴史上、誰もやったことがないことをやる」、「最年少or最年長で達成する」など、世間があっと驚くようなチャレンジは、メディアをはじめ、多くの注目と応援、それから寄付が集まります。

そういうチャレンジに取り組む場合は、支援先の非営利団体にも協力してもらいながら、積極的に情報を発信し、メディアに取り上げてもらいましょう。

仮に、もしチャレンジが失敗に終わっても寄付金を返金する必要はありませんのでご安心ください。

ポイント4 - 仲間でチームを組んでチャレンジ

「ひとりでチャレンジするのは心細い」、「サークルの仲間たちでチャレンジしたい」、「野球チームとしてチャレンジしたい」

このようにチーム単位でチャレンジ登録することも可能です。登録名はチームの名前を登録し、メールアドレスは誰か代表のものを登録するか、みんなで共有しているアドレスを登録してください。

誰かが代表してメールアドレスを登録する場合は、定期的にマイページにアクセスして、チャレンジ状況を発信したり、寄付者にきちんと返信をしたり、まめな人が担当するのがいいでしょう。

詳細はこちらをご参照ください。

具体例

ビジネス編

  • 来年の売上目標、1億円を目指します!
  • 来月の新規アポイント獲得、20件を目標にします!
  • 来月発売予定の書籍、3万部販売を目標にします!
  • 来月の月間ページビュー、100万PVを達成します!

日常編

  • 3カ月間、禁煙をします!
  • 3ヶ月間、禁酒をします!
  • 3ヶ月間、禁酒をします!
  • 3ヶ月間で5kg、ダイエットします!

学校編

  • 全国共通模試平均70点を目指します!
  • クラスのみんなで日本一周マラソン!
  • 給食30日連続で完食!
  • 受験合格!
  • TOEIC700点!
  • 弁護士資格を取得します!

子育て編

  • 子どもが30日間自分で歯磨きします!
  • 子どもが30日間自分で起きます!
  • 子どもが自転車に乗れるようになります!
  • 子どもが嫌いな食べ物を食べられるになります!
  • 子どもがパジャマを自分で着られるようになります!
  • 子どもがおむつなしで眠れるようになります!
  • 子どもが歩けるようになります!
  • 子どもがテストで100点をとります!

スポーツ・冒険編

  • 東京マラソンで完走します!
  • トライアスロン完走します!
  • リフティング1000回チャレンジ!
  • 打率3割を目指します!
  • ゴルフの自己ベストスコア更新を目指します!
  • キリマンジャロ初登頂を目指します!
  • 自転車で日本一周します!
  • ギネスブックの記録に挑戦します!
  • 関東大会で優勝します!

エコ・アクション編

  • 毎日手作り弁当!
  • 空調を使わずに生活する!
  • タクシー・車に乗らず、自転車か徒歩で移動する!
  • 継続的にゴミ拾いボランティアに参加する!
  • 毎回買い物の際にはエコバッグを持参し、レジ袋を断る!
  • 毎日旬の食材を食べる!地産地消!

海外のチャレンジ事例編

おわりに

現在、1人のチャレンジャーが平均10人から寄付を集めています(2010年10月現在)。

本家の英国JustGivingでも1人チャレンジャーが集める寄付者は平均17人程度です(2010年10月現在)。まずは10人から寄付を集めることを目標に、あなたらしいチャレンジを登録してみてはいかがでしょうか?

JustGivingにチャレンジ登録することで、「自分のためのチャレンジ」が、「社会をよくするためのチャレンジ」に変わります。ぜひ積極的に活用してみてください。

本記事は、2013年10月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る