生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 手縫い時のなみ縫いの仕方

手縫い時のなみ縫いの仕方

2013年02月28日更新

 views

お気に入り

はじめに

趣味で洋服やバッグを作っている著者が、小学生のころ人形の洋服作りをしたときの縫い方はなみ縫いでした。ここでは、なみ縫いの仕方をご紹介します。

なみ縫いの仕方

STEP1:縫い始めの位置に糸を出す

針に糸を通し、玉結びをして、布の裏側から表側に出します。

STEP2:布の下、上、下、上と針を動かす

数目分まとめて縫います。下、上と数回繰り返したら、

針を引き、

同様に、

繰り返します。

その際、針を動かすというよりは、布を押さえている方の手を上下するようにすると縫いやすいと思います。

STEP3:玉どめする

縫い終わったら針を裏側に刺し、

玉どめしたら完成です。

これは、布の裏側です。

上手になみ縫いするコツ

縫い目の幅を揃え、なるべくまっすぐになるように意識して縫うといいと思います。

おわりに

なみ縫いは簡単な縫い方ですが、きれいに縫うのは意外と難しいと思います。ここでは分かりやすく布と糸の色を変えましたが、実際には同じ色にすると、縫い目がそれほど気にならないと思います。

(photo by 著者)

本記事は、2013年02月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る