生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

掲載中のライフレシピ数:100,000件以上
  1. しつこい油汚れもキレイに!スチールたわしの基本的な使い方

しつこい油汚れもキレイに!スチールたわしの基本的な使い方

2013年03月10日更新

しつこい油汚れや焦げつきはスポンジで洗ってもなかなか落ちません。大切な調理器具をいつまでもピカピカな状態で長く愛用するために、スチールたわしを使って磨いてみましょう。

ここでは、スチールたわしの基本的な使い方をご紹介します。

スチールたわしで落とすのに向いている汚れ

ベタベタしたしつこい油汚れや、焦げつきを取るのに適しています。テフロン加工してあるフライパンや、炊飯器などは擦ると傷が付いてしまうので、スチールたわしは使えません。

オーブンの中に入れて使用する鉄板や、コンロなどのしつこい汚れもキレイにできます。

スチールたわし以外に用意する道具

  • 40℃くらいのやや熱めのお湯
  • クレンザー

著者は、上の写真のスチールたわしを使用しています。クレンザー成分がスチールの間に織り込まれているため、別途クレンザーを使用しなくても、濡らすだけですぐに使用できます。

スチールたわしの基本的な使い方

STEP1:スチールたわしをお湯で濡らす

スチールたわしをお湯で濡らします。

STEP2:汚れを擦る

気になる汚れをスチールたわしで擦って落とします。洗剤成分が含まれていないたわしを使用する場合は、ここでクレンザーをかけて、磨いてください。

STEP3:お湯で流して拭く

クレンザーのヌルヌルした感じが取れるまで、しっかりお湯ですすぎましょう。最後にタオルで拭いて完了です。

スチールたわし自体のお手入れ方法

スチールたわしはとても錆びやすいです。使用後はギュッと水気を絞って、乾燥している場所に置いておきましょう。そして、頻繁に新しい物と交換するようにしましょう。

スチールたわしを使う時に注意すべきこと

スチールたわしで擦っても傷が付かないか、色が剥げないかなど確認してから使用してください。

おわりに

いかがでしょうか。使い慣れたお鍋などはスチールたわしでピカピカに磨いて、長く大切に使いたいですね。

(photo by 筆者)

本記事は、2013年03月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のスペシャルコンテンツをチェック!

もっと見る

生活・ライフスタイル 記事ランキング

11月27日(木)にアクセスが多かった記事はこちら!

もっと見る