\ フォローしてね /

シリコンスチーマーを使ってレンジで茶碗蒸しを作る方法

シリコンスチーマーを使って、電子レンジで茶碗蒸しを作る方法をご紹介します。できるだけ酢が立たないようにする為に、シリコンスチーマーを蒸し器のように使いました。

ここでは、彩り豊かなパプリカときゅうりの茶碗蒸しを例に説明していきます。

材料(2人分)

  • 卵 1個
  • 白だし 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 水 130cc
  • パプリカ(黄) 20グラム
  • パプリカ(赤) 20グラム
  • きゅうり 20グラム

作り方(調理時間:15分)

STEP1:具材を切る

具材のパプリカときゅうりを5mmの角切りにします。

STEP2:具材を器に入れる

切った具材は器に入れておきます。

STEP3:卵液を作る

ボールに卵、水、白だし、みりんを入れて混ぜます。

STEP4:卵液をこして器に入れる

卵液をこし器でこしながら、具材を入れた器に注ぎます。

STEP5:水を入れたシリコンスチーマーに器を入れる

シリコンスチーマーに底から1cmくらいの水を入れて、その中に具材の入った器を入れます。

STEP6:電子レンジで温める

電子レンジを200Wに設定し、シリコンスチーマーのふたをして8~9分温めます。

2つ目以降は、シリコンスチーマーの中の水が温まっているので、加熱時間を3分くらい短くしてください。

完成

酢の立っていない、なめらかな茶碗蒸しの完成です。

さいごに

シリコンスチーマーを使って、蒸し器の中の状態を再現して作りました。

茶碗蒸しに直接熱が伝わらないので酢が立ちにくくなりますが、加熱しすぎると酢がたつ原因になってしまいます。

加熱中は卵液の固まり具合が見えないので、ときどき加熱をやめて固まり具合を確認しながら加熱すると、きれいに仕上げることができます。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。