1. 趣味
    2. 靴のトラブルを無くす!登山靴の履き方と履き慣らし方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    靴のトラブルを無くす!登山靴の履き方と履き慣らし方

    ここでは登山靴の履き方と履き慣らし方を分かりやすく説明いたします。

    あなたが持っている登山靴

    著者が買った登山靴は、国内ブランドのトレッキングシューズです。

    • メーカー:キャラバン
    • 重量:約575グラム(26.0センチ片足標準)
    • 靴幅:3E
    • 価格:18000円

    靴の履き方

    STEP1:靴をかかと側に寄せる

    靴に足を入れたら、靴をかかと側を床でトントンと叩いて、足をかかと側に寄せます。

    STEP2:靴紐を締める

    左右の引き締め方が均等になるように締めます。かかとから足首を固定するように締めあげるように締めましょう。

    結び方は蝶結びでいいですが、その上からさらに固結びをすると歩行中にほどけにくくなります。

    登山靴を履く時のポイント

    登山靴を履く際には、つま先にわずかな空間を確保するのがポイントです。

    余った靴紐は長いままだと枝に紐が引っかかって事故の元になったり、歩きにくくなったりしてしまいます。交互にかけた紐の中に通してさらに中に入れ込んでください。

    また登りでは、登山靴を履く際に足首を曲げやすくするため、靴紐をきつく締めすぎないようにすることがポイントです。少しゆとりをもって履くことで、足首の可動域が増えるので斜面が登りやすくなります。

    逆に下りでは、足首をしっかり固定するように靴紐を締めましょう。締め方が緩いと靴の中で足がずれて、つま先に負担がかかり靴ずれの原因にもなってしまいます。

    靴の履き慣らし方

    靴を履き慣らすには、平坦な道や坂道を歩いたり、階段を歩いたりして履き慣らしておきましょう。後々靴のトラブルが起きにくくなります。

    おわりに

    靴紐は登り始めに紐の締め具合を確認して登りましょう。下りは靴紐を締め直す習慣を身につけましょう。更に靴紐を締め直す時間も余分に計算に入れておくことです。

    正しい靴の履き方で、靴のトラブルの無い登山にしましょう。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人