\ フォローしてね /

ハチミツのナチュラルな甘さが決め手!酵素たっぷり野菜ピクルスの作り方

色々な野菜を組み合わせて作るピクルスは、発酵食のお酢と生野菜の酵素をタブルで取り入れられるスーパー酵素食です。一度要領を押さえてしまえば繰り返し簡単にできますので、今回は基本的な野菜とりんご酢を使ったピクルスの作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの(2~3人分)

  • きゅうり:1本
  • にんじん:1/2本
  • セロリ:50g
  • ミニトマト:10個
  • りんご酢:1カップ
  • ハチミツ:大さじ4
  • 塩:大さじ1強
  • 水:1/2カップ
  • 保存容器:1個

具体的な作り方の手順(所要時間の目安:約15分)

STEP1:容器を熱湯消毒する

沸騰させたお湯をはったボウルに、容器を入れます。全部浸かっていない場合は少し回転させながら、5分ほど浸けておきます。お湯を取り替えて何度もする必要はありませんが、容器に雑菌がいると長期保存がきかないので、この工程は省かないようにしましょう。

STEP2:野菜を切る

きゅうり、にんじん、セロリを洗い、大体同じ長さと太さになるように切ります。にんじんは皮をむいてから切ります。写真の例では、長さが約5cm、太さが1cm以内におさまるぐらいに揃えています。

太さと長さを揃えることで、野菜の漬かり方が均一になります。

STEP3:ミニトマトに穴を開ける

ミニトマトには、あらかじめ2~3ヶ所穴を開けておきます。

他の野菜と違って切らずにそのまま使うので、こうすることで液が染み込みやすくなります。

STEP4:ピクルス液を作る

りんご酢、ハチミツ、塩、水を混ぜ合わせてピクルス液を作ります。ハチミツは水(もしくはぬるま湯)で溶かしてから入れると、混ざりやすくなります。

STEP5:容器に野菜と液を入れる

野菜をすべて保存容器に入れてから、ピクルス液を注いでフタをします。

アドバイス

漬けた翌日から食べることができますが、5日くらい経った頃がちょうど味がまろやかになって食べ頃です。

おわりに

常備しておくと、様々な料理に活用できますし、ヘルシーなおやつ・おつまみにもなってとっても便利ですよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。